腎臓病 症状 原因 対処法

腎臓の働きと腎臓病の症状と原因、対処法について

腎臓の働きを理解しよう

少し前までは、腎臓といえば身体の老廃物を尿として排出する「身体のろ過装置」としての認識が一般的でした。
しかし、最新の研究により腎臓の身体における重要性が解明されてきました。
腎臓が私たちの寿命を決めているとまで言われているのです。
高血圧、不整脈など血液に関する病気は全て腎臓の不具合によることも分かってきました。
現在では、腎臓は「血液の管理者」と言われています。
その重要な腎臓の働きを見てみましょう。

 

大事な腎臓の5つの働きとは?
老廃物を排出する

腎臓は血液を濾過して老廃物や塩分を尿として排出する機能があります。
その過程において、身体に必要なものは再吸収し、再循環させます。

 

血圧の調整

腎臓は、塩分と水分の排出量をコントロールする機能があります。
そのことにより血圧を調整しています。
血圧が高いときは、塩分と水分の排出量を増加させることで血圧を下げ、血圧が低いときは、塩分と水分の排出量を減少させることで血圧を上げます。
また、腎臓は血圧をコントロールする「レニン」と呼ばれるホルモンを分泌し、血圧が低いときに血圧を上げます。
高血圧はそのレニンの分泌が異常に多くなった時に発生するのです。
また高血圧は腎臓自身にも負担をかけてしまします。

 

血液をつくる管理者

血液(赤血球)は骨髄の中にある細胞が造くられています。
その指令を出すのは腎臓であることがわかっています。
骨髄が腎臓から出るホルモン「エリスロポエチン」の刺激を受けて造るのです。腎臓の働きが悪くなると、エリスロポエチンが出てこなくなってしまうため、血液が十分につくられず貧血になってしまいます。

 

身体の水分、イオン、血液成分の調整

腎臓は体内のイオンバランスを調節したり、身体に必要な血液成分「ミネラル}を体内に取り込んだり排出したりして調整します。
腎臓に不具合がおこると、身体の水分の調節がうまくいかないため、身体のむくみにつながります。
また、イオンバランスがくずれると、疲れやめまいなど、身体にさまざまな不調が現れます。
また、血液成分の一つであるカリュウムが多くなると不整脈の原因になることがわかっています。

 

骨を造る

骨を造ることには腎臓以外の臓器も関わっています。
その中で、腎臓の働きはカルシウムを体内に吸収させるのに必要な活性型ビタミンDを造り分泌します。
腎臓に不具合がおこると、活性型ビタミンDが低下するためカルシュウムの取り込みが悪くなり骨が上手く造られなくなります。
それが、骨粗しょう症の原因にもなります。

 

腎臓病とは?

腎臓病は、腎臓の糸球体尿細管の機能が様々な原因により阻害されることで、腎臓の働きが悪くなる病気です。
腎臓病にはいろいろな種類があり、それぞれの原因や症状も違います。
腎臓の機能はいったん失われると、回復することがない場合が多く慢性腎不全といわれる病状になります。
しかしながら、急性腎不全の場合は機能が回復することもあります。

 

最近の医療技術の進歩により、早期発見、早期治療により、腎臓の機能の低下を防いだり、遅らせたりすることができるようになりました。
また、末期の腎不全にまで進行し、腎機能の回復が見込めない状態になった場合でも、透析療法や移植といった腎代替療法の中でもさらに治療法の選択肢が増えているため、自分に合った方法が選択できるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

慢性腎不全と急性腎不全について

腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると腎不全といわれる状態になります。
腎不全には、急激に腎臓の機能が低下する急性腎不全と、半年から数十年の長い年月をかけて腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全があります。
急性腎不全では、適切な治療を行なう事により、腎臓の機能を低下させた原因を取り除くことができれば、腎臓の機能が回復する可能性があります。
急性腎不全の場合は殆んどの人が入院して治療を受けることになります。
一方、慢性腎不全では、腎不全の進行により腎臓の機能が少しづつ失われ、失われた腎機能が回復する見込みがほとんどないのが実情です。
慢性腎不全で体内に尿毒素や余分な水分が蓄積し、尿毒症状が出ているものの、まだ透析を受けなくてもよい状況を保っている状態を腎不全保存期といいます。
この時期は、降圧薬による血圧管理、塩分と水分の制限によって余分な水分の蓄積を防ぎ、タンパク質・リン・カリウムの摂取制限とエネルギーの十分な摂取などの食事療法、症状に応じた薬剤の投与などによって腎不全の進行を遅らせることができます。
腎不全保存期の治療にもかかわらず、腎機能の低下が進行した状態を末期腎不全と言います。
末期腎不全では尿毒症の症状が強くなるため、体内にたまった老廃物を除去するためになんらかの腎代替療法が必要となってきます。
末期腎不全では、対症療法として人工透析療法、根治療法としては腎臓移植による方法があります。

 

スポンサーリンク

 

腎臓の主な働きについて

1.身体の水分量の調節 尿の量を多くしたり少なくしたりして、体内の水分量を一定に保つ

 

2.老廃物の排泄      老廃物を水分と一緒に排泄する

 

3.電解質の調節     電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウムなど)の身体に必要な電解質の濃度や量を調整する

 

4.酸塩基の調節     血液を人間の身体にベストな弱アルカリ性に保つ

 

5.ビタミンDの活性化   ビタミンDは腎臓で最終的に活性化され、活性型ビタミンDとなる。ビタミンDはカルシウム、リンのバランスを整え、正常な骨を維持するのに必要なホルモンです

 

6.エリスロポエチンの分泌 赤血球の産生を促すエリスロポエチンを分泌する働き

 

7.レニンの分泌     血圧を調整するホルモンであるレニンを分泌する働き

 

腎臓の機能低下による症状

 

水分が体にたまる   むくみ(浮腫)、高血圧など

 

老廃物が体にたまる   尿毒症

 

電解質が体にたまる   高カリウム血症、高リン血症

 

血液に酸がたまる    呼吸が速くなったり、電解質バランスが崩れる

 

ホルモン異常      貧血、骨がもろくなる、高血圧など

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら