腎臓病 症状 検査 治療

腎臓病の検査について記事一覧

腎臓病の初期症状腎臓病を適切に予防するために、まず第一に腎臓病の初期症状について理解しましょう。 どのような症状が出現しやすいのか、どんな症状に気を付けておくべきなのか知っておこことが大切です。スポンサーリンク腎臓病は自覚症状が少ない病気 です。腎臓病の多くは、最初の頃は、ほとんど自覚症状が現れないという特徴があります。ストレスが溜まる不規則な生活や、外食やジャンクフードが多い乱れた食生活、ほとん...

クレアチニンクリアランス( Creatinine clearance、CCrと略される)は、血清中のクレアチニンのクリアランス(腎臓が体内の老廃物を排泄する能力)を計算し、腎機能の状態をを推測する検査の事です。スポンサーリンククレアチニンとは?クレアチニンは生体物質(生物の体内に存在する化学物質の総称)で、主に筋肉で生成され、腎糸球体で濾過されたあと、ほとんど再吸収される事なく、尿として排泄される...

しっかりとした検査を受けたいのであれば、検査技師がいる総合病院の腎臓内科で検査してもらった方が良いです。スポンサーリンク腎臓病の主な検査項目尿蛋白血液中の蛋白質は、腎臓でろ過されないため糸球体や尿細管に障害が起こると、尿中に蛋白質が漏れ出てきます。尿沈渣(にょうちんさ)尿沈渣とは、尿を遠心分離器にかけたときに沈殿してくる赤血球や白血球、細胞、結晶成分などの固形成分があります。これらを顕微鏡で観察し...

自宅にいながらにして手軽にできる慢性腎臓病のための尿検査キットがドラッグストアで販売されます。慢性腎臓病を自宅にいながらにして手軽に検査できる尿検査キットがドラッグストアに登場しました。スポンサーリンク日本人の成人の8人に1人が慢性腎臓病という事実日本人の成人の場合、8人に1人が発症していると言われる慢性腎臓病(CKD)。慢性腎臓病から人工透析が必要な状態へと進行したという方は少なくありません。慢...

腎臓は身体の「下水処理場」と「浄水場」と言われます。尿をしっかり調べることで腎臓の状態がつぶさに分かるそうです。スポンサーリンクここでは、「糖尿病が気になったら読む腎臓病の本」を執筆なさった、前田憲志医師(名古屋大学名誉教授・大幸砂田橋クリニック院長)が提唱している「保冷24時間蓄尿検査」を紹介しながらその有効性を見ていきます。私達の排泄する尿に含まれる物質は、私達の生命活動のレポートです。尿を細...

子供の場合、腎臓の病気で最も多く診られるのは、血尿、たんぱく尿です。血尿、たんぱく尿はこれといった原因がなく心配ない場合が多いのですが、中には糸球体腎炎、ネフローゼ症候群である場合があります。その他に腎臓の病気でよくみられるものに尿路感染症である腎盂腎炎、膀胱炎などがあります。特に赤ちゃんの頃の尿路感染症には腎臓や尿の流れる通り道に生まれつきの異常(水腎症、膀胱尿管逆流など)があることがあります。...

腎臓病の血液検査で異常なければ安心しても良いんでしょうか?例えば、何らかの病気や怪我などで、腎臓を片方摘出した方が結構いらっしゃるのですが、腎臓自体が健康であればクレアチニンなどの老廃物の血中濃度はほとんど上昇しません。言ってみれば腎臓が片方しか無かったとしても糸球体の濾過機能はほとんどの場合低下しないということです。その理由としては、腎臓が大きな予備力を備えており、残されているネフロンが2倍も、...