腎臓病 症状 検査 治療

腎臓病の症状について記事一覧

慢性腎不全は慢性腎臓病が進行した状態と考えて頂ければ良いようです。慢性腎不全に至る原因の最も多いのが糖尿病の合併症である糖尿病性腎症です。次に多いのは、糸球体疾患 である糸球体腎炎、紫斑性腎炎などです。他には、慢性腎炎や高血圧により引き起こされる腎硬化症、あるいは腎盂腎炎なども慢性腎不全の原因として多くみられます。透析導入まで至った症例では、糖尿病性腎症38%、慢性糸球体腎炎32%、腎硬化症7.6...

腎不全にならないために知っておきたい腎臓病の種類腎臓は血液をろ過してくれる働きがある臓器です。尿酸や身体に不要な塩分や老廃物といったものを尿として排出してくれる働きがあります。また不要な塩分や水分などを尿として排出する量をコントロールする役割もあるので、血圧の調整という役割も担っています。スポンサーリンクそれ以外にも赤血球の働きをよくしてくれるホルモンの分泌やビタミンDを作ったりと身体を正常に保つ...

腎臓結石(腎結石)は自覚症状があまりないため気づかれにくい病気と言われています。同じ結石でも尿管結石などは非常に激しい痛みを伴います。今回は腎臓にできる結石について説明します。腎臓結石は、石のできる場所によって「腎杯結石」と「腎盂結石」に分けられます。スポンサーリンク腎杯結石とは?腎杯結石と言うのは、その名の通り、腎杯と言われる部分にできる結石です。腎杯と言うのは、尿管の腎臓内における先端部分と言...

急性腎炎と慢性腎炎はどう違う?腎臓には、糸球体と言われている毛細血管の集合体のような組織があります。その極細の血管の部分を通過する血液を濾過し、余分な水分や老廃物などを濾過して尿として排出しています。その糸球体に炎症が起きてしまう病気を腎炎と言います、医学的には糸球体腎炎と呼ぶのが正式な病名です。急性腎炎と慢性腎炎とがありますが、慢性腎炎にはほとんど自覚症状がないため、定期健診の尿検査などで見つか...

急性腎不全と慢性腎不全ってどこが違うの?腎不全と言う言葉は皆さんよく聞くことがあるでしょうが、腎不全というのは特定の疾患を指すものではありません。色々な疾患が原因となって、腎臓の機能が著しく低下しているその状態を指す言葉です。診断の結果、医師が確認できる原因となる疾患があって急激に機能低下が起こる急性の腎不全と、高血圧、食生活などの日常的な要因が長期間続くことで徐々に機能低下を起こす慢性の腎不全と...

ネフローゼ症候群ネフローゼという病名は皆さん聞いたことがあると思いますが、基本的にネフローゼという呼び方は特定の病気を指す名称ではないのです。ネフローゼ症候群という特有の病状があり、その状態となってしまう疾患をひっくるめてネフローゼと呼んでいます。ネフローゼ症候群の病状とはどういったものか、その原因となる病気、治療法などについて見ていきましょう。スポンサーリンクネフローゼ症候群の病状ってどんなの?...

日本人の慢性腎炎で最も多いのがiga腎症iga腎症の場合、扁桃(へんとう)が炎症をおこすと症状が悪化することは、医師たちの間では経験的に分かっていました。しかしながら、腎炎においては風邪の症状を伴う事は珍しくなかったので、扁桃の炎症を抑えておけばそれほど症状が悪化する事は無いという認識でした。スポンサーリンクそんな中で、この扁桃の炎症に注目したのが、、新潟大学(当時)の鈴木享先生です。鈴木先生は、...

慢性腎臓病(CKD)と糖尿病の違いって何なのでしょうか?知ってるようで、あまり知らない2つに病気の違いについて明確にして行きます。現段階で、腹膜透析(PD)を導入される方の中でも、 糖尿病の患者さんの割合が増加してきたと言われています。どんな病気なのでしょうか?そして、どんな注意が必要なのでしょうか?「慢性腎臓病(CKD)ってどういうの?」「糖尿病ってどういうの?」に分けて、基本知識から調べてみま...

NPO法人腎臓サポート協会の発表によると、日本においての腎臓病(CKD)の患者は成人の8人に1人の割合といわれており、新しい国民病として認知されつつあります。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メタボリックシンドロームとも密接に関係しており、今や誰にでもかかる可能性のある病気となっています。それでは、腎臓病を予防するには、どのような生活をしたら良いのかを紹介します。腎臓病は生活習慣病と密接に関わって...

健康な人の尿から糖が検出されることは先ずありまませんが、腎臓や膵臓が悪くなると、糖があることを示す、陽性(+)のサインが出ます。私たちが食べ物から体内に摂取したブドウ糖は、血流に乗って体中を巡回して、腎臓に到着します。腎臓で血液が濾過される時点で、体に不要な物質は尿と一緒に排泄され、体に必要な物質は再び血液に戻されます。スポンサーリンク尿糖の検査方法は?健康な人の場合、ブドウ糖は身体に必要な物質で...

理解しておきたい慢性腎臓病と血圧の関係血圧管理で腎臓を守る腎臓は、血液の濾過などの重要な働きを担っていますが、その機能自体は30歳ごろを頂点に、1歳ごとに約1%ずつ衰えていくと言われています。簡単に言うと、40歳なら健康時の約90%、50歳では約80%、60歳では約70%にまで機能が衰えていくと言うことです。加齢が原因となって、誰であっても腎臓の機能が少しずつ低下するのは避けられません。しかしなが...

1998年、これまでの糖尿性腎症の考え方を覆す論文が、「ニューイングランドジャーナル」(臨床医療の雑誌では世界トップクラス)で発表されました。それまでは、糖尿病が進行したことによる腎機能の低下は、どうやっても防ぐことが出来ないと考えられてきました。特に、いったん悪くなった腎臓が良くなることはないというのが、医学界での常識です。しかし、糖尿性腎症に限って言えば腎機能の回復は見込めるのです。スポンサー...

スポンサーリンク腎臓病の症状、大人と子供の違いは?小児の慢性腎臓病(CKD)は成人に比べて発症する事が少なく、原因もまったく違うものです。成人の場合は糖尿病(とうにょうびょう)を原因とする糖尿病性腎症が最も多くて、その患者数も年々も増えていますが、小児では慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群、尿管閉塞(へいそく)による水腎症(すいじんしょう)、腎低形成(じんていけいせい)、異形成(いけいせい)などの先...

腰痛の痛みかと思っていたら、それが実は腎臓の病気だったという場合が結構あるそうです。腰痛が腎臓病である事が自分でチェックできれば早期発見につながりますし、早期治療も可能ですよね、そのチェックのし方について説明して行きますので、参考にしていただけたらと思います。スポンサーリンク腎臓病の症状で背中が痛い時とは?先ず、私たちが腰痛と感じている場合、痛いのは言うまでもなく腰の部分です。骨盤の一番横に出っ張...

人は脱水症状になると喉の渇きや体のだるさ、そして意識の混濁などの自覚症状が発生します。脱水症状と言うと、すぐに熱中症が頭に浮かびますが、そんな外的要因による脱水以外に、かくれ脱水という物があります。かくれ脱水は身体の中で、静かに進行して行きますので、本人が気付きにくいという特徴があります。スポンサーリンク脱水症状に潜む腎臓病の可能性とは?背中が痛むというのは、脱水症状としてはあまり考えられない状態...

血尿とは、尿に赤血球が混ざった状態のことをを言います。尿中に混ざる赤血球の程度によって、肉眼的血尿と顕微鏡的血尿に分けられます。具体的に、どのくらい血液が混ざると肉眼的血尿になるかというと、100mlの尿に0.1ml以上の血液が混入すると見た目が赤くなり、肉眼的血尿といいます。では、血尿が多いと貧血になることもあるのでしょうか?腎臓病の血尿と貧血について調べてみました。スポンサーリンク血尿が続くと...

腎臓病になると下痢になりやすくなるなるのは事実ですが、直接的な関係は未だ良く分かっていません。しかしながら、下痢の症状が出るのは腎臓病がかなり進行してからです。ですので、初期症状の自覚症状としては考えない方が良いでしょう。そもそも腎臓病は自覚症状があまりなく知らず知らずのうちに進行していく病気だからです。では、腎臓病が進行するとなぜ下痢になりやすくなるのかを見ていきましょう。スポンサーリンク腎臓病...

腎不全や腎臓結石、腎盂腎炎など、腎臓の病気は特に命に関わりやすく、治療が遅れると死亡する可能性がある危険なものが多くあります。また、高血圧や糖尿病から腎臓病へと発展していく為、現代人にとって特に注意しなければならない病気の一つでもあります。この腎臓病になると、実は鼻血が出やすくなります。鼻血自体、出やすくなる原因は血友病や白血病、それ以外にも狭心症やペースメーカーを入れている方がよく服用されている...

蕁麻疹(じんましん)が出る慢性間質性腎炎 とは?急性の尿細管間質性腎炎に罹った場合、炎症が腎臓におき、腎臓が肥大する症状が出ます。併せて、発疹や蕁麻疹(じんましん)が出るケースが多いのが特徴になります。スポンサーリンク急性の間質性腎炎の発熱と発疹すべての方に現れて来るということではありませんが、特徴的な症状として蕁麻疹(じんましん)を伴う発熱が、急性の間質性腎炎に見られます。蕁麻疹(じんましん)は...

尿に泡が立ってなかなか消えない事ってありませんか?男性の場合は特に、立ったまま用を足す人が多いので、泡が立つのが分かりやすいため気になる人が多いようです。では、なぜ泡が立つのか、深刻な病気など関係はあるのか? 調べてみることにします。スポンサーリンク尿に泡が立つのは、どういう訳なんでしょうか?何らかの原因で尿の粘稠度(ねんちゅうど)が高くなると尿が泡立つようになります。病気の場合もありますが、病気...

腎臓病になると皮膚にも様々な症状が出てきます。このページでは、腎臓病が皮膚に及ぼす影響に注目して見ていきます。スポンサーリンク腎性皮膚掻痒症(じんせいひふそうようしょう)腎臓の機能が著しく悪化し、とくに透析療法(とうせきりょうほう)をしなければならない段階になると、患者さんは我慢できない皮膚のかゆみに悩まされるようになります。我慢できずに掻きむしっているうちに、皮膚が傷ついて、二次的な皮膚病変が生...

健康な人の場合のおしっこの回数は一日4〜8回だそうですが、何かしらのきっかけで尿が出ない、尿の量が少なくなったりしたら心配になるのではないでしょうか。尿が出ないと一言で言ってもその原因となる病気は色々で、中には生命にかかわるものもあります。スポンサーリンク尿が出ないってどういう事?私たちが摂取した水分は、必要なものは体内に吸収され、それ以外は尿、皮膚や口腔内からの蒸発、または、便となって体の外に出...

スポンサーリンク身体がだるい時の身体の状態は?身体がだるいのは本当に辛いですよね。すぐに疲れてしまったり、やる気が起きなかったり、ずっと一日中寝ていたいと思います。朝起きても疲れがとれていなかったり、ちょっと休んでも元気にならなかったら、気持ちまで落ち込んでしまいます。そんな状況なら精神的にもまいってしまうのが当然でしょう。健康な人でも、活動的にしていると疲れたり、身体がだるいと感じたりするもので...

いつも出るはずの尿が出ないという症状は、誰であっても不安に感じるでしょう。腎臓や膀胱などに病気がある場合にはそのような症状が出ることがあるのです。治療としては、尿が出ない原因が腎臓の前にあるか、腎臓自体にあるか腎臓の後に続く臓器にあるかで異なってきます。それぞれのケースでの治療法について、具体的に説明していきます。スポンサーリンク尿が出ない時の原因は?尿が出なくなる原因としては、大きく分けて3つあ...

スポンサーリンク腎臓病でかゆみが出るのは慢性腎不全まで進行してからです慢性腎不全とはその名の通り慢性に生じる腎不全のことです。腎臓病は、長期にわたってだんだんと腎臓の機能が低下していき、腎機能障害、腎不全、尿毒症が発症してきます。腎不全は症状が軽い間はこれといった症状が現れないため腎不全に気付かないうちに病気が進行してしまう場合も大変多いようです。検証によると、腎臓は正常時の1/5以下に働きが低下...

結論から言いますと、腎臓病の場合でも微熱が続くことがあります。また腎臓だけでなくそれに続く膀胱や尿路に疾患がある場合も微熱が続くことがあります。スポンサーリンク慢性腎盂(じんう)腎炎腎臓の中に存在する、尿を溜める機能を持つ腎盂が細菌の感染を繰り返すと慢性化する場合があります。急性腎盂腎炎 を発症すると、悪寒をともなう高熱が出ますが、慢性化すると微熱が続くようになり、尿の濁りや血尿、背中から腰にかけ...

スポンサーリンク腎臓が悪い人は顔色がドス黒くなると以前から言われています。これはよく言われていることであり、実際にそのようです。逆に、腎臓が悪いと何がどのように作用して顔色が悪くなるのでしょうか?顔色がドス黒く見える理由腎臓は、体の水分量とろ過機能を調整する役割を担っています。腎臓の調子が悪いと、血液を上手くろ過することができなくなり、老廃物が溜まりやすくなり黒ずみやすくなってしまいます。特に、目...

スポンサーリンクどうして足がつるの?足の部位で特につり易いのはふくらはぎと太ももの裏側のハムストリングスと呼ばれる筋肉です。身体の筋肉は、常に「どのくらい伸びているか、縮んでいるか」という情報を脳や脊髄といった中枢神経に伝えています。それに応じて、中枢神経の出す「これくらい縮んでください、伸びて下さい」という信号をうけとることで、身体の筋肉は正常に働きます。しかし、何らかの原因で、この、筋肉が「ど...

スポンサーリンク腎臓病の薬物療法とは腎臓病における薬物療法の主な目的は、1、腎機能の低下を遅らせること2、低下した腎臓のはたらきを補うこと以上のの二つの考え方があります。また、腎機能の低下に伴って起こる、合併症を防ぐために使用される薬もあります。腎機能の低下を遅らせる薬降圧薬(血圧を下げる薬)腎臓と血圧は密接に関係し合っています。腎臓の機能が低下れば体内の水分が増えたり、電解質なども増えるため、身...

みなさんは、閉塞性動脈硬化症(ASO)ってきいたことありますか?最近は、下肢末梢動脈疾患(PAD)と呼ばれることが多くなってきました。スポンサーリンク下肢末梢動脈疾患(PAD)とは?肥満や糖尿病、慢性腎炎、喫煙などの生活習慣から動脈硬化となります。脳の動脈硬化からおこる脳梗塞や,心臓の動脈硬化からおこる心筋梗塞は,死に至ることもある恐ろしい病気です。同じ動脈硬化が足の動脈に起こると、このように呼ん...

膀胱と冷えの関係夏場の暑い時期はそれほどでもありませんが、冬場の身体が冷えたときや寒い日など誰しもが、トイレが近くなりますよね。時に女性に多い冷え性の方の場合だと、そんな尿意のある状況が長く続いてしまうため慢性的な膀胱炎になりやすくなります。女性に多い膀胱炎 ですが、膀胱炎を繰り返していると腎臓病になるのでしょうか?スポンサーリンク現実的には、膀胱と腎臓は、尿管によって結びついていても各々離れてい...

腎臓病の薬の副作用で一番問題になっているのが、ネフローゼ症候群の治療薬であるステロイドでしょう。スポンサーリンクステロイドっていうのは何なのでしょうか ?ステロイドというのは、副腎(左右の腎臓の上端に位置します)によって産出される副腎皮質ホルモンの一つです。ステロイドホルモンを薬として利用すれば、身体の中の炎症を抑制したり、身体の免疫力を抑制したりする効果があり、色々な病状の治療に取り入れられてい...

スポンサーリンクむくみに関係するアルブミンとは?アルブミンと言うタンパク質が人の血中にはあるのですが、その働きとしては、血管の浸透圧を調整して、水分が血管から出たり戻ったりするのを調整しています。このアルプミンと言う物質が、少なくなると、血管での水分の出入りが調整が効かなくなってしまいます。それにより身体のむくみが発生しているのです。アルプミンは食物から入ったタンパク質を肝臓で合成して、腎臓でろ過...

スポンサーリンク造影剤腎症(CIN:contrast induced nephropathy)とは、造影剤に起因する急性の腎障害のことを言います。定義としては、造影剤使用後、72時間以内にCr0.5mg/dl以上上昇もしくは25%上昇 が診られる。3〜5日でピークで7-14日で前値に戻る。殆どが一過性のものです。しかしながら、戻らずに透析が必要となる慢性腎不全に至ることもまれにあります。ですので、...

要注意!腎臓病と市販薬の関係って?慢性腎臓病の方でも、言うまでもなく他の病気にかかる事があります。また、ちょっと体調が悪いな、頭痛がするな、という時も、ありますよね。ですが、腎機能が低下してしまったら、市販薬を含め、治療以外の薬を飲むのは要注意です。スポンサーリンク頭痛薬や風邪薬もだめなの?腎臓病になってしまったら、腎臓で代謝される薬のほとんどが飲めません。体内から排出する事が出来ないため、尿毒症...

スポンサーリンク腎臓病の原因にはストレスも関係あるのでしょうか?全国健康保険協会のホームページで見てみました。高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病は慢性腎臓病の発症リスクを高め、腎機能低下を加速させることがわかっています。そして、生活習慣病には肥満、喫煙、多量の飲酒、運動不足、ストレスなどといった共通の原因があり、これらの原因はそのまま慢性腎臓病にも当てはまります。かつて腎臓病と生活習慣はあ...

腎不全で腹水が溜まることはあります。腎不全になり腎機能が衰えると、身体の中にあるアルブミンと呼ばれるたんぱく質が体外に排出されてしまい、低たんぱく血症が引き起こされます。そうすると、血管の外に血液中の水分が漏れ出てしまうのです。これが、腎不全で腹水が溜まる原因になっています。スポンサーリンク腎臓病で腹水がたまる?腎臓病で腹水が溜まるのは慢性腎不全になってからです。腹水とは、一言で言えばお腹に水が溜...

腎臓病の主な症状として、食事量は以前と変わっていないのに体重がどんどん減っていくといったことがあります。女性の方が、最近痩せてきて嬉しいと思っていると、実は腎臓病だったということも少なくありません。むくみなど体重増加のイメージが強い腎臓病ですが、痩せるとはどういう事なのか調べてみました。スポンサーリンク腎臓の働きを簡単に説明すると、1老廃物の除去 腎臓は血液を濾過して老廃物や塩分を尿として体の外へ...

スポンサーリンク腎臓病で吐き気がある場合は要注意です!!腎臓病の主な症状として、たんぱく尿、血尿、むくみ(浮腫)、高血圧、尿量の変化などがみられます。腎臓病の症状が悪くなると、尿毒症という深刻腎臓病症状な状態になります。これらの症状すべてが出現するとは限りませんが、症状が軽いうちは自覚症状もほとんどないため、見過ごされがちになります。また、慢性で徐々に進行した場合にも自覚症状が出にくいものです。そ...

スポンサーリンク腎臓病だと太る事もあるの?いつも通り生活していて、食べる量なども特に変わっていないのに、急に体重が増えてしまうという時は要注意です。その上、何らかの不快症状を伴う場合はなおさらです。急激に体重が増減する時というのは、体内の水分量や胃腸の内容物の増減が関わっている場合が多いようです。理由としては筋肉や脂肪、骨などというものは、それほど急激には増減しないからです。このような症状が出る場...

むくみ(浮腫)というのは具体的に言いますと、 朝起きて鏡を見ると顔がはれぼったい感じがする、夕方になると靴がギューギューになる、今まではいていたズボンが窮屈になった。「太ったんだろうか、むくんでいるのだろうか」と不安を抱いたことはないでしょうか。スポンサーリンクむくみ(浮腫)はどういうメカニズムで起こるのでしょうか?むくみ(浮腫)と言うのは、細胞と細胞の間の組織間液が過度に増加した状態の事を言いま...

スポンサーリンク腎臓病と皮膚炎は意外と関係があります。腎臓の機能が悪化して、透析療法(とうせきりょうほう)をしなければならない段階になると、患者さんは耐えがたい皮膚のかゆみに悩まされるようになる場合が多く見受けられます。そして、あまりの痒さに掻き潰してしまい、二次的な皮膚病変を引き起こしてしまいます。盛り上がった小さな発疹(ほっしん))ができ、皮膚の下の層の真皮成分(しんぴせいぶん)が変性して排出...

スポンサーリンク腎臓病は遺伝するのでしょうか?幾つかの遺伝する腎臓の病気はあるようです。頻度的に多いのは遺伝性多発性嚢胞腎で、子供の時に発病するものと大人になって発病するものがありますが、大人になってから腎不全になる成人型多発性嚢胞腎は両親のどちらかがこの病気である場合には、子供の半数が将来この病気になる可能性があります。確率で言うと50%が遺伝により発症すると言う事ができます。この病気では、腎臓...

スポンサーリンク腎臓の機能が低下した時の症状とは?腎臓はそらまめのような形をした臓器で、腰の辺りに左右対称で二つあります。腎臓はいくつか重要な働きがあります。重要な働きの一つとして、腎臓は体に溜まった老廃物を尿として出し、血液を浄化する働きがあります。血液には尿酸や尿素窒素などの老廃物が流れています。そういった老廃物をろ過し、余分な水分と共に外に追い出し、血液を綺麗に保ちます。この働きが悪くなると...

腎臓病の透析を始めた人の寿命については色々な所からデータは出ているものの透析自体の歴史が未だ浅く、普及して殆んど全ての希望者が透析を出来る様になったのほんの最近になってからですし、透析を受ける人の年齢も高い人が多いため正確なデータが取れるのには未だ未だ時間が必要です。スポンサーリンクしかしながら、腎臓病の透析を始めた人の寿命が健康な人よりも著しく短いのは確かな事です。その中でも糖尿病からくる糖尿病...

腎不全の末期症状において、低下した腎機能の代わりの役割を果たすのが、透析療法です。腎臓は、背中側の腰の高さに左右1個ずつある臓器で、にぎりこぶしくらいの大きさです。血液中の老廃物をろ過して尿をつくる、身体の「排水処理場」の役目と、必要な成分は血液中に戻す「浄水場」の役割も果たします。通常、腎臓には、心臓が1回の拍動で送り出す血液の4分の1が送りこまれ、約150〜180リットルもの尿のもと(原尿)が...

慢性腎臓病(CKD)とは、何らかの腎障害が3ヶ月以上持続する場合と定義されています。自覚症状が出現することはほとんどなく、蛋白尿や腎機能異常(eGFRの測定)により診断されます。スポンサーリンク20代で腎臓病を発症した場合気をつけることはどういった事でしょう。慢性腎臓病(CKD)は、心筋梗塞などの心血管病(CVD)との合併症を発症する頻度が高く、また自覚症状が出ないうちに腎機能が低下し、透析や腎移...

皆さん、病気にはそれぞれ違った体臭があるのをご存知でしょうか?例えば、糖尿病⇒甘いにおい、リンゴの腐ったにおい天然痘⇒腐敗臭腸チフス⇒焼き立てのパンのようなにおいペスト患者⇒リンゴのにおいジフテリア⇒嫌な甘い匂い皮膚病⇒カビ臭などです。スポンサーリンク腎臓病と体臭ってどんなのですか?腎機能が低下すると、「たんぱく質系」の臭いがします。食事から摂取された、たんぱく質はアミノ酸として体内に吸収され一部...

腎臓病であっても妊娠出産は大丈夫?腎臓病と診断されたら妊娠や出産はできるのでしょうか?お母さんや胎児に影響を与える危険性があるのかを見て行きましょう。スポンサーリンク妊娠した場合の腎臓への負担について腎臓で処理する血液量が増えることになるため、妊娠以前より負担がかかります。胎児は成長速度が速いため、どんどん増える循環血液量や、心臓が送り出す血液量を処理するために、腎臓そのものも一回り大きくなる事が...

腎臓の機能が低下してくると尿を濃縮できなくなりますので、しばしば尿量が多くなるということがあります。しかし、腎臓病がさらにすすむと、尿をつくることができなくなるため、最終的には尿量が減ってきます。腎臓の機能が失われて、まったく腎臓が働かなくなると、尿はつくられなくなります。スポンサーリンク腎機能が低下することで汗もかきにくくなってしまいます。それによって血中アンモニア濃度の上昇し過ぎで意識不明にな...

慢性腎臓病の皆さんの生命保険と告知についてのポイント 慢性腎臓病をお持ちの方は、生命保険に入りにくいのが一般的ですが、正当な告知をすることにより入れる可能性もあります。スポンサーリンク保険加入の可能性を保険タイプごとに見て行きましょう。1、一般の保険 の場合は、殆んどの場合、加入は難しいでしょう。しかしながら、がん保険であれば入れる可能性があります。2、限定告知型の保険の場合は、 症状や治療状況に...

腎臓病の場合、運動は避けた方が良いと聞いてますが?以前は、運動をすることで身体の筋肉を使うことにより、クレアチニンや尿素などの老廃物が血液中に溜ります。この事が理由で、腎機能に大きな負担が生じるとされており、腎臓に障害のある患者さんにおいては、運動を控えた方が良いと考えられてきました。しかし最近では、適度な有酸素運動によって、尿蛋白減少などの効果がみられたとの報告もあります。腎臓病をお持ちの患者さ...

スポンサーリンク煙草は喉や肺だけでなく腎臓にもダメージを与えます!!腎臓には身体の水分量を調節したり老廃物を尿として排泄する機能があります。しかしながら、血液を濾過する腎臓の機能がおちると、老廃物を十分に排泄できなくなります。このような状態が続くと、体内に不要なものや身体にとって有害な物質が溜まってしまいます。喫煙による健康への悪影響は色々と知られていますが、腎臓にはどのようなダメージをあたえるの...