腎臓病 食べ物 飲み物

腎臓病と食べ物、飲み物記事一覧

糖尿病性腎症とは、糖尿病の三大合併症のひとつで、腎臓の機能が徐々に低下して行く病気の事です。腎臓は、血液中の老廃物を濾過し、尿として排泄する役目をする臓器です。腎症が重症化すると、腎臓がほとんど機能しない腎不全になってしまい、器械の力を借りて血液を濾過する、人工血液透析療法が必要不可欠になります。 腎症の進行を阻止するためには、糖尿病の治療(血糖コントロール)のための食事療法に加え、たんぱく質や食...

身体を形成している「ミネラル」のカリウム(K)やナトリウム(Na)、カルシウム(Ca)はそれ自体が一つの元素で、それ以上細かく分解出来ないものです。カルシウムとカリウムは言葉の響き的にまぎらわしく、混同される場合がありますが、この二つは全く性質の違う元素です。  スポンサーリンク一般的に、健康(高血圧の予防)のことを考えたらNa(塩分)は控え目に、K(カリウム)はたっぷりと摂るのが良く、カリウム多...

透析治療中の方の食事制限のポイントそもそも人工透析療法ってなんでしょうか?人工透析療法は、腎不全の末期で腎機能が著しく阻害された場合に行います。1、尿毒症や心不全などの循環器症状2、倦怠感などの神経症状3、吐き気や嘔吐などの消化器症状スポンサーリンク透析には血液透析と腹膜透析があります。血液透析は人工の半透膜であるダイアライザーという機械に血液を循環させ、尿毒物質の除去電解質の補正代謝性アシドーシ...

スポンサーリンク慢性腎臓病の合併症「CKD−MBD」 人工透析を受けている患者さんが念頭に置かなければいけない合併症の中のひとつに、「慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常」があります。英文の頭文字をとって「CKD-MBD」と称されています。 カルシウムやリンなど、身体の内のミネラルが正しく代謝されるためには、腎臓の働きが大事な役目を果たしています。慢性腎臓病の人においては、腎臓の機能が衰えています...

スポンサーリンクマグネシウムと身体の関係についてマグネシウムは約300種類以上もの酵素の働きをサポートし、健康を維持するために無くてはならないの栄養素です。大人の体内には20〜28gほどマグネシウムが存在しています。そのうち約57%は骨に、40%が臓器や筋肉に、3%が細胞外液と血液中に存在しています。マグネシウムは体内で作ることが出来ない為、食品から摂取する栄養素です。マグネシウムは大麦や雑穀など...

慢性腎臓病の食事療法にかかせない食品交換表って何なのでしょうか?病院などでもよく見かける腎臓病食品交換表ですが、一般にはほとんど知られていません。本屋さんに行くと、1コーナーにたくさんの種類の「腎臓病のための食品交換表」が、ずらっと並んでいます。腎臓病の食事療法において絶対に欠かせないのが、この腎臓病食品交換表です。スポンサーリンク腎臓病と診断された時点で持っておくべき食品交換表腎臓病食品交換表を...

腎臓病の予防には水分をこまめに摂る事が大事だと言われています。尿をつくる腎臓の負担を軽くするために水分は十分に取りましょう。暑い日や運動時は、特にこまめに水分補給をしましょうとよく言われますが、その仕組みは良く分りませんよね。水分補給をこまめにすると何故、腎臓病の予防になるのかを調べてみました。スポンサーリンク腎臓の機能が正常であれば、身体の老廃物を効率良く排出するためには、十分な水分が必要です。...

腎臓病において水分量のコントロールは非常に大事です。腎臓の機能低下の進みぐあいによって、尿量の変動がみられます。腎不全の段階になると、尿中の尿毒素を体外に排泄するために尿量が多くなります。腎不全がさらに悪化すると、逆に尿量が減ってきます。また摂取した塩分の排泄も十分にできなくなります。スポンサーリンクこのため飲食により摂った水分や塩分は、排泄が上手く出来ないため身体に溜まってしまうことになります。...

腎臓と血圧が切っても切り離せない関係にあることは認識されているでしょうか?高血圧と腎臓の機能低下が負のスパイラルの関係になってしまう理由をわかりやすく解説します。スポンサーリンク腎機能低下と高血圧の悪循環腎臓の働きが衰えると、身体に不必要な余分な塩分と水分の排泄が上手くできなくなって血液量は増加し血圧が上がります。さらに、血圧が上がれば腎臓への負担が増え、ますます腎臓の機能が低下するといった悪循環...

塩分制限の落とし穴、隠れ塩分に注意して、あなたの腎臓を守れ!!うどん、パン、ハムなどの加工肉、練り製品などに意外に多い塩分含有量。隠れた塩分に要注意です!!スポンサーリンク腎機能低下をくい止めるためには、高血圧の改善が絶対不可欠です。その方法として塩分制限は有効なのですが、あなたの見えないところに、実は多くの塩分が隠れています。例えば、パンやうどんは、いずれも製造過程で塩が使われています。パンもう...

スポンサーリンク調味料の塩分、1日4gで腎機能を維持しましょう。調味料は計量スプーンやスケールできちんと量る慢性腎臓病の方は、塩、味噌、醤油などの調味料から摂取する塩分にも気をつけましょう。調味料から摂取する塩分は、1日4gまでを目標にしましょう。目分量ではなく、面倒でも計量スプーンや計量器できちんと量る習慣をつけましょう。汁物などの塩分量を測れる塩分計も市販されています。1週間、自分の食事のメニ...

スポンサーリンク腎臓病の人が宅配食にするメリットってどんなところ?腎臓病の人が宅配食にするメリットは、食事に気を使わなくていいという点にあります。腎臓病になってしまうと食事制限は欠かすことができなくなってしまうものですが、制限のある中で食事を作るというのは簡単なものではありません。栄養士の資格などを持っている人であればどのような食事を作れば良いのかある程度わかることでしょうが、普通の人はそこまで知...

腎臓の機能が衰えた人はどうしてタンパク質の制限が必要なのでしょうか?たんぱく質と腎臓病の関係について考えてみましょう。スポンサーリンクたんぱく質と腎臓の関係って?口から摂り入れたタンパク質は胃で胃液によって消化されペプトンという物質に分解されます。さらに小腸では、数種類の酵素の働きによって、ポリペプチドからオリゴペプチドという形になり、一番最後の段階では、アミノ酸となって肝臓へ送られます。肝臓にお...

スポンサーリンク積極的に取り入れたい慢性腎臓病に良い8食品腎臓に良い食品とか、日本でも昔から言われているものがありますが、日本よりも慢性腎臓病患者数だけではなく、その比率も高いアメリカで、今、注目されている8つの食品があります。体験的に腎臓に良いと言われてきた食品ではなく、科学的にその効果を証明された食品です。この8食品は、慢性腎臓病の進行を防ぐ効果が、期待できると言われています。アメリカと日本の...

腎臓病においては、食事の順番や摂り方によって、腎臓や膵臓の負担を軽くすることができます。ダイエットの経験のある方ならご存知かもしれませんね。腎臓や膵臓に負担にならない食事の順番について説明します。スポンサーリンク野菜を食べてから主菜、主食の順番で野菜・海藻⇒肉・魚⇒ご飯・パンの順番で血糖値を急激に上げない血糖値は、膵臓から分泌されるインスリンによってコントロールされています。しかし、「食べ過ぎ」や...

腎臓病食の考え方を朝食に活かす日本には古くから、一汁三菜と言われる言葉があるように、日々の食事は、一点ずつの食事ではなく、一食のメニューをトータルで考えることが重要になります。食事のメインからデザートまで、食材の栄養バランスは勿論の事、味付けや口当たり、食感というものを工夫したら、例え少ない量であっても食べ終わって満足感があります。献立作りの要点を把握して、本やインターネットで紹介されている腎臓病...

腎臓病は食事制限が大切な治療法ですので、当然たべてはいけないものがあります。腎臓病の食事制限の項目には、タンパク質、塩分の制限があり、症状が進むとカリュウム、リンの制限もあります。スポンサーリンクたんぱく質を制限する理由は?タンパク質の制限の理由としては、たんぱく質がエネルギー源として体内で燃えると、腎臓からしか排泄されない尿素窒素やクレアチニンが産生されますが、腎臓の機能が低下すると、これらの老...

先ずは、コレ!!テレビ番組でもそうですが、こういうスジの通った物を作らせたらNHKはやっぱり上手い。本当に分りやすく出来あがっていますので、主婦だけじゃなく男性にもおススメです。スポンサーリンクNHK きょうの健康「腎臓病のごちそう術」腎臓病も、工夫しだいで“ごちそう”は食べられる! 腎臓病の「ごちそうレシピ」と、塩分量を抑えてたんぱく質の量を調整する「ちょっとしたコツ」を紹介しています。NHK「...

スポンサーリンク腎臓病食が出せるレストラン、宿があると助かりますよね!!腎臓病の食事療法のための食事と言うと制限ばかりで、薄味で美味しくないと言うイメージをが強いようですが、最近はそうでもないようですし、逆に素材の味を楽しむとか色々工夫することで新しい発見もあるようです。最近の腎臓病の食事療法は、それほど厳しい内容ではなくなっているようで、、むしろ、本来のあるべき日本の伝統食に近づいているような食...

腎臓病の食事制限、毎日の事ですから結構大変ですよね。腎臓病の食事療法を実践していると、家庭で食事を済ませようと心がけていても、どうしても外食しなければないこともあります。そうでなくとも、たまには外食で気分転換したくなることもありますよね。ここではそんな、外食時に腎臓病の方が気をつけなければいけない5つのポイントを紹介していきます。スポンサーリンク1、.塩分量は調整してもらいましょう料理を厨房で作っ...

スポンサーリンク腎臓病に良い飲み物、悪い飲み物ってやっぱりあるんです!!腎臓に良いお茶と言うことで、刃豆茶(なたまめちゃ)と言うのが良いと言われていますが、カリウム含有量が多いので、カリュウム制限もしなければならない人にはNGですが、カリウム制限されていない方、医師の許可が得られた場合には、腎臓病に良いとされている飲み物ではあるので、飲んでみても良いのかも知れません。他にはスギナ茶、柿の葉茶が民間...

スポンサーリンクお酒との上手な付き合い方が重要です!!昔から「酒は百薬の長」などと言われるように、お酒には血管を広げて血液の流れをよくする事や、善玉コレステロールを増やす事、ストレスを緩和する事など、身体にも精神的にも良い効用があり、適量のお酒は動脈硬化の予防にもなるそうですが、これもみんなほどほどに飲んだらと言う条件付きです。腎臓病とお酒にも何か関係があるのでしょうか?特にお酒が好きで飲む機会が...

腎臓病の治療には食事制限は欠かせない治療法の一つですが、腎機能障害が進行してきた場合には、蛋白制限、塩分制限、カリウム制限などの食事療法を行うことにより、腎機能障害の進行を抑え、慢性腎臓病の合併症を予防します。腎臓病や透析をされている方は、カリウムの制限が必要になります。ではカリウムとは何でしょうか?スポンサーリンクカリュウムて何?制限が必要な理由は?※カリウムとは人体では8番目もしくは9番目に多...

スポンサーリンクなぜ腎臓病の治療に食事療法が大切なのでしょうか?食事の制限、と言われると少しテンションも下がりますが、より良い治療を目指すなら避けては通れないものではあります。先ず、どうして食事療法が必要なのか、その理由を知りましょう。その理由が理解できれば、「そう言うことなら、自分の身体のため、前向きに取り組んじゃおう!!」と、テンションも上がってきます。また、食事療法を継続して実践していくと、...

スポンサーリンク腎臓病の方が間違った方法でダイエットをしてしまうと症状を悪化させてしまう危険性があります。特にタンパク質を中心に摂取する方法は腎臓に大きな負担を掛けると言われていまして、単純に痩せれば良いという問題ではないのです。よくカロリーやエネルギーだけを見がちで、健康に良さそうなものでもバランスが悪くなると身体に大きな負担が掛かるので食事はバランスよくしなければならないのです。では逆に食事で...

スポンサーリンク主食にヌメリ野菜・こんにゃく・海藻をプラスして、血糖値の上昇を抑える!!ヌメリのある食品や乳製品といっしょに食べると、糖の吸収が遅くなる炭水化物を多く含む主食である、ご飯やパン、麺類は、食べる順番を最後にすることで血糖値の急上昇を防げます。さらに、ヌメリのある野菜や納豆などヌメリのある食品をいっしょに食べると、一層効果が増します。ヌメリ野菜といえば、ヤマイモやオクラ、なめこ、じゅん...

腎蔵の機能が低下してくると尿毒素を排出するために必要以上に尿を作ってしまいます。そうなってしまうと水分はより必要になってくる訳ですが、症状が進行し、この時期を過ぎると摂取した水分を放出することが出来なくなってきます。排出できない水分は身体のいたるところに溜まっていきます。手や足だけであればどうにかなるのですが、心臓や肺に溜まってくると心不全や肺水腫になり呼吸困難になってきます。このように肺や心臓に...

腎臓病と言われると、長く患ってしまう病気、一筋縄ではいかない病気とのイメージが強いでしょう。腎臓病の食事制限についても辛そうなイメージがあるのが一般的です。その中でもタンパク質制限は慢性腎臓病においては必須です。そのタンパク質を構成している構成ユニットがアミノ酸なのです。スポンサーリンクそれでは先ず、先ず、腎臓はどんな働きをしているのかを見ていきましょう。腎臓とは、血液中の不要な老廃物を尿として排...

慢性腎不全の人は牛乳を飲まない方が良い 「腎不全になると骨がもろくなる!!」このように言われると、ある程度知識のある患者さんなら、「牛乳などの乳製品や、にぼしなどの小魚を食べた方が良い」と考えますよね。しかし、これは非常に理にかなった考えか方のように思われますが、骨からカルシウムが出続けると、当然骨がもろくなります。スポンサーリンク高リン血症は血液中のカルシウムを低下させるからです。これを予防する...

腎臓病でなくとも、ハチミツは身体に良いと言われ続けています。人類の歴史の中でも世界中であちこちで文献にも記されていますが、ハチミツの何が良いのでしょうか、いまだにハッキリ判っていない事も多いのですが、神秘の食品、ハチミツと腎臓病の関係について考えてみました。スポンサーリンクはちみつの成分についてハチミツの成分で最も多いのはブドウ糖と果糖ですが、ブドウ糖と果糖のことを転化糖と言います。ショ糖が酵素に...

スポンサーリンクデザートは、子どもでなくとも、食事の後の楽しみですよね。私も55歳ですが、食事の後のデザートはウキウキしてしまいます。腎臓病は、食事制限が大事な病気ですが、それでもやはりデザートは食べたいですよね。毎日の食後とまでは言いませんが、昼食か夕食のどちらかに一つはそんな楽しみがあっても良いんじゃないでしょうか?しかしながら、糖尿病性腎症の場合と人工透析を受けていらっしゃる場合は、そう言う...

スポンサーリンク腎臓病にチョコレートが良いと言うのは本当でしょうか?慢性腎臓病にかかると心臓や血管の病気をおこす危険が約3倍も高くなるといわれています。また、ストレスも腎臓病に悪影響を与える事が分っています。その2つの事にチョコレートが効果がある事が分っています。先ず、チョコレートについて知っておきましょう。チョコレートの歴史チョコレート好きは、子ども、大人に関わらず大勢いらっしゃるのではないでし...

スポンサーリンクスポーツドリンク1本(500ml)には、一日分の糖分が入っている運動時の水分補給や熱中症対策には、水分とミネラル、エネルギー源になる糖質をいっしょに摂れるスポーツドリンクは、その利便性から利用する方も多くいらっしゃるでしょう。しかし、ペットボトル1本(500ml)には、20〜33gの糖質が含まれています。その量はなんと、スティックシュガー約10本分にもなります。スポーツドリンクに限...

スポンサーリンク腎臓病とコーヒーの関係について腎臓病においての水分補給は、水そのもので飲むのがもっとも良いのですが、美味しいお茶やコーヒーがお好きな方はストレスが減りますよね。お茶やコーヒーは食後に限って一杯だけなら良いでしょう。ただお茶は麦茶、番茶などを中心に考えて頂けたら良いでしょう。カリウム制限が必要な方は、お茶もコーヒーも直接煎じたり、抽出した方がカリウムはインスタントよりも少なくなります...

スポンサーリンク年の暮れ、お正月が終わり、これから卒業式、入学式、お花見などと、宴会シーズン目白押しですが、慢性腎臓病の患者さんの場合、「飲んではいけないんじゃないか?」「アルコール摂取には若干不安がある」という意見が飲酒についてあるようです。お酒好きなら、楽しみを減らしたくないというのが本音でしょうから、腎臓病とビールの関係について考えてみました。慢性腎臓病の食事療法において飲酒は決して禁止事項...

スポンサーリンク玄米食は理想的な健康食品と言われていますが、腎臓病には良くない影響を与える場合があります。その問題の成分はカリウムです。カリウムは、簡単に言いますと、塩と同じようなミネラル成分の事で、身体にとっては本来必要なものです。食物中に含まれるカリウムは一度身体に吸収されてから不要な分を尿に溶かして排泄しているのですが、腎臓機能が低下してくるとカリウムの排泄が上手く行かずに血中に蓄積してしま...

雑穀米を主食に、10年間腎不全の症状でありながら人工透析を受けずに活動している方がいらっしゃいます。一般的に、腎機能50%以下で慢性腎機能低下、30%以下で腎不全といわれる。しかし、わずか8%の腎機能でありながら、人工透析を受けずに活動しているのが「人工透析なしで10年! でも元気な私の食生活 腎臓を養う雑穀レシピ(講談社のお料理BOOK)2014/11/18」を出版した、バイオリニストで料理研究...

スポンサーリンクいよいよ寒さも本格的になり風邪のシーズンになって来ました。風邪を引いてしまうと、それがもとで、腎臓にダメージを与える事があります。風邪で熱が高くなってしまうと、食事をとっていても筋肉の分解が進んでしまい、血中のカリウムや尿素窒素が高くなることがあり、そのため風邪などをきっかけに腎臓の障害が進む場合があるのです。風邪などで食欲がないときに栄養ドリンクなどを飲む方もいらっしゃると思いま...

スポンサーリンクじゃがいもは多種多様なお料理に用いることができるため、家庭の食卓にもちょくちょく登場してくる野菜ですよね。じゃがいもは、芋類の中でも特にビタミンC、葉酸、カリウムなどを豊富に含んでいて味も淡白なため、主食としても取り入れられています。また、広い範囲の調理法(焼く、煮る、揚げる、茹でる)に活用できることから種々の料理に使用されます。そんなじゃがいもですが、実は腎臓と深く関係している食...

スポンサーリンク日本人の方なら緑茶は馴染み深いものでしょう。しかし、腎臓病の場合緑茶を控えなければならない事があります。それはカリュウム制限をしなければならなくなった時です。カリウムは腎臓には負担になりませんが、腎機能が正常でなければ、尿中のカリウムが体外に排泄されませんので、摂取しなくても血管中のカリウムは過剰になります。血液中のカリウムが過剰になると、筋力の低下、嘔吐などの胃腸症状、知覚過敏、...

スポンサーリンク私たちが日々を過ごして行く中で絶対に機能を低下させて欲しくはないのが肝臓と腎臓です。この2つの臓器の働きが十分でなくなってしまうと、もう二度と元気に暮らすことはできなくなります。もし、体調がすぐれない場合はもちろん、健康診断の結果が悪かったり、医師から肝臓と腎臓について治療を促す指示があった場合には、おろそかにすることなくしっかり改善・対策をすることをお勧めします。こちらでは肝臓、...

スポンサーリンク先ずはじめに、サプリメントはお薬ではありません。サプリメントは 栄養補助食品・健康補助食品などと言われているもので、あくまでも、いつもの食事で不足している栄養素を補うものです。サプリメントは 食事と併用して体質改善や体調を整えるためには有効ではありますが、病気を治すことが目的の薬ではありません。健康の維持・増進には、何より毎日の食生活や生活習慣を見直すことが大切です。ですから、サプ...

酢が腎臓病に良い作用をするみたいです。特に黒酢が良いと言われています。まず、腎臓病について話しをして行きたいと思います。腎臓は血液を濾過して老廃物や塩分を尿として体の外へ排出してくれます。 また、身体に必要なものは再吸収し、体内に留める働きをしています。腎臓の働きが悪くなると尿が出なくなり、老廃物や毒素が体に蓄積し尿毒症になります。スポンサーリンク腎臓病になってしまったら、黒酢を摂取するとその症状...

スポンサーリンク腎臓病の食事療法に欠かせないのが低たんぱく食、そうであれば麹はどうなんだろうか?塩麹 がTVや雑誌で紹介されている影響で、結構流行ってるそうなんですが、その効能としては、酵素がタンパク質を分解してアミノ酸に変えるので、お肉などが柔らかくなるし旨みを引き出すんだそうです。 それヒントに、低たんぱく食が必要な腎臓が悪い人に結構良いんじゃないだろうと考えた方がいらっしゃるようです。腎臓が...

スポンサーリンクスポーツをする人ならバナナを利用する人は結構いらっしゃるでしょう。私たちが身体を動かす時のエネルギー源になるのが糖分です。バナナにはこの糖分がブドウ糖、果糖、ショ糖と3種類含まれています。先ず、消化の早いブドウ糖・果糖がエネルギーに変わり、ゆっくり消化されるショ糖があとからエネルギーに変わります。この時間差のおかげで食べてすぐエネルギー源になるのはもちろんですが、そのエネルギーが持...

スポンサーリンク腎臓病の栄養療法で効果的なのはビタミンCの摂取です。一日10グラムの摂取を数回にわけてとるのが一番良い摂取方法になります。ビタミンCは抗酸化作用にすぐれており、炎症をおさえ、腎臓の機能を正常化する作用ももっており、利尿効果を強くもっているからです。なおいくらとっても重大な副作用はないので気にする必要はあまりありません。やめるときにはいきなり摂取をやめるのではなく、徐々に減らすように...

スポンサーリンク野菜不足を意識して、また健康のためにと青汁を摂る人が増えています。ビタミンやミネラル、食物繊維も豊富で美容にも健康にも良い健康食品として注目を集めています。ルテイン、ベータ―カロチン、ビタミンと言った抗酸化成分が豊富なことでもまた注目すべき健康食品なのです。青汁のことを語る上で一つ気にかけなければならないことがあります。説明書を見ていると腎臓とか高カリウム血症という言葉が目に留まり...