腎臓病 お酒

腎臓病とお酒の関係について

スポンサーリンク

 

お酒との上手な付き合い方が重要です!!

昔から「酒は百薬の長」などと言われるように、お酒には血管を広げて血液の流れをよくする事や、善玉コレステロールを増やす事、ストレスを緩和する事など、身体にも精神的にも良い効用があり、適量のお酒は動脈硬化の予防にもなるそうですが、これもみんなほどほどに飲んだらと言う条件付きです。
腎臓病とお酒にも何か関係があるのでしょうか?
特にお酒が好きで飲む機会が結構ある人は気になる事だと思いますが、ここでは腎臓病とお酒についていろいろと見て行きたいと思います。
先ず、一日に飲んでも良い目安の量と言うのがあります。

 

腎臓に負担をかけないためには、ビール500ml×2までが限度です。
これ以上飲めば確実に腎臓に負担がかかります。

 

また、少しの量であっても毎日飲むと腎臓、肝臓に負担になりますので、飲まない日をつくるのは大事な事です。
それとは別に、お酒を飲んではいけない場合もあります。
肝臓病を引き起こしている人、血圧値や血糖値の管理が上手くいっていない人に関しては飲酒をしては駄目です。

 

スポンサーリンク

 

腎臓病の方におススメのお酒とは?

そして、腎臓病の人の中には水分摂取量の制限を受けている人、透析治療を受けている人がいます。
このような人は水分の摂取量をコントロールしなければなりませんので、お酒も水分である以上はもちろん対象になります。
また、お酒には水分だけでなく、さまざまな成分が含まれています。

 

中には腎臓病患者が食事療法で制限しなくてはいけないタンパク質、カリウムなどが含まれているお酒もあるので注意が必要です。
ビール、日本酒、ワインは水分、タンパク質、カリウム、リンを含んでいます。

 

逆に蒸留酒である、焼酎ウィスキーブランデーウォッカはビールなどより水分量が少ないほか、腎臓病の人が積極的に摂りたいエネルギー量が多く、タンパク質、カリウム、リンがほとんど含まれていないのでお勧めです。

 

また、お酒を飲む場合に注意して欲しいのは一緒に摂るおつまみの選び方です。
おつまみには高タンパク、高塩分のものが多いので、成分表で良く確認しながら選んで下さい。
蒸留酒の焼酎やウイスキーはお勧めではありますが、何で割るかは気をつけなければなりません。
ジュース類はカリウムが含まれているからです。

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら

関連ページ

糖尿性腎症の食事療法は制限が増えるって本当?
腎臓病におけるカリウムの摂取量について
腎臓病、透析の方の食事制限について
腎臓病におけるリン制限とは?
腎臓病とマグネシウムの関係について
腎臓病交換表の使い方
腎臓病の予防と水分の関係とは?
腎臓病と水分量の関係って?
腎臓病で塩分制限が必要なのはなぜなのでしょうか?
腎臓病の塩分制限の落とし穴ってなに?
腎臓病の塩分制限は工夫次第です。
腎臓病の方が宅配食にするメリット
腎臓病でたんぱく質制限する理由とは?
慢性腎臓病にオススメの8食品って?
腎臓病は食事の順番が大事って本当ですか?
腎臓病の方の朝食について
腎臓病の人が食べてはいけないもの
腎臓病の食事のレシピ本おススメは?
腎臓病食が出せるレストラン、宿について
腎臓病における外食の注意点とは?
腎臓病に良い飲み物、悪い飲み物
腎臓病の食事、果物とカリュウム制限
腎臓病治療のための献立例
腎臓病の方でも大丈夫なダイエット法って?
腎臓病に良い食事、血糖値の上昇を抑えるヌメリ食品とは?
腎臓病の水分制限の理由って?
腎臓病とアミノ酸の関係って?
腎臓病と牛乳の関係って?
腎臓病の方には、はちみつがオススメです。
腎臓病食のデザートについて
腎臓病とチョコレートの関係って?
腎臓病とスポーツドリンクの関係って?
腎臓病とコーヒーの関係について
腎臓病とビールの関係について
腎臓病と玄米の関係って?
腎臓病と雑穀米の関係について
腎臓病と栄養ドリンクの関係について
腎臓病とじゃがいもの関係について
腎臓病と緑茶の関係って?
腎臓病に効くサプリメントがありますか?
腎臓病を予防するサプリメントってありますか?
腎臓病と酢の関係について
腎臓病と甘酒の関係について
腎臓病とバナナの関係って?
腎臓病とビタミンCの関係について
腎臓病と青汁の関係について