腎臓病と酢の関係について

腎臓病と酢の関係について

酢が腎臓病に良い作用をするみたいです。特に黒酢が良いと言われています。
まず、腎臓病について話しをして行きたいと思います。腎臓は血液を濾過して老廃物や塩分を尿として体の外へ排出してくれます。 また、身体に必要なものは再吸収し、体内に留める働きをしています。腎臓の働きが悪くなると尿が出なくなり、老廃物や毒素が体に蓄積し尿毒症になります。

 

スポンサーリンク

 

腎臓病になってしまったら、黒酢を摂取するとその症状に良い効果があると言われています。 黒酢には利尿作用があり体内の有害物質などを洗い流す効果があります。 腎臓病の一つである腎炎などでは、タンパク尿、血尿などで血液中のタンパク質が減少します。黒酢にはタンパク質の元となるアミノ酸が多く含まれていますので、血液中のタンパク質の量を増やし、腎臓の弱っている組織を修復させる効果があります。 その他にも、黒酢には腎臓結石の原因となるシュウ酸カルシウムも体外に排泄する効果もあります。 黒酢は腎臓病やその他の健康面でも多くの効果があると言われていますが、黒酢を摂取してもその効果がすぐにでる訳ではありません。 日頃から黒酢を摂取し続けることが大切なのです。

 

食生活において、一番大事なのは栄養のバランスを保つことです。身体が摂取しなくても良いそれぞれの食べ物の量には限度があり、それを守らないと問題が発生します。 お酢は抜群に健康的に良い食品ですが、それを過信しすぎてはとんだ目にあいます。

 

体を冷やす「陰性食品」と体を温める「陽性食品」
まずは酢の性質について理解しておきましょう。 テレビや雑誌などでよく「酢の血液サラサラ効果で健康になろう」などと聞いたり見たりしたことはありませんか?

 

これはつまり、酢は陰性食品だから色んなものを溶かす効果があるという事です。酢には血液中の血をどろどろにしている不要物質のみならず、赤血球や血小板など大切な物質までも、いらないものと誤認して破壊してしまいます。このような食品のグループをまとめて陰性食品と呼びます。またその逆、体をあたためる効果がある食品群を陽性食品と呼びます。陽性体質に傾きすぎると、血液が濃い状態ですので、高血圧、不眠症、ヒステリーになり易くなると言われています。
黒酢サプリメントも良いでしょう。

クエン酸が豊富ですし、
摂取頻度を大事にしたいならオススメです。
スポンサーリンク

なぜ酢の摂取し過ぎは健康に悪影響を及ぼすのかと言うと、酢は血液内の赤血球を破壊する特徴があります。赤血球が断続的に破壊されていくと『溶血性貧血』になってしまう可能性があります。 わかりやすく言うと自分は冷え性だと感じている方は間違っても酢をたくさん摂ろうなどとは思わない事です。 特に顔がポッポと赤みを帯びているのに、手足が冷えがちと感じる方は特に酢の摂取は控えた方が賢明です。

 

酢の主な成分である酢酸が細胞に取り込まれると、「アデノシン」という物質が出てきます。このアデノシンは血管の内と外の両側の壁に影響を及ぼして、血管が拡張します。これが顔がポッポと赤みを帯びている原因です。

 

さらに陰性食品の特徴は、上昇性という状態を作り上げます。したがって、赤血球も上昇性になって身体の上の方に血が集り、顔がほてるのに、足腰の方は貧血となって冷え込むのだそうです。 酢は、血管の拡張のみならず心臓も肥大させ、心臓の収縮力を弱化させますから、体の血液循環を悪くします。また体中に酸素を運ぶ赤血球が足りなくなってくるわけですからその分、体内に血液を送る心臓は心拍を速めなければならず、いらない負担がかかります。

 

目が充血している方も、血管が拡張するだけでは飽き足らず、弱くなってきていて充血(出血)してきています。そのような方もすぐに、酢の摂取を止めて当分は控える必要があります。

 

酢を摂る際の注意点 -空腹時に摂取すると胃の粘膜にダメージを与えることがありますので、なるべく食後に摂るようにしてください。

 

黒酢の飲用による虫歯発生のリスクがあります。 黒酢は酸という特質上Phが低く、糖分も結構多く含んでいます。 酸ですので、歯を溶かしてしまったり、糖分による虫歯発生の引き金になりえます。 乳酸菌飲料やスポーツドリンク、キャラメルと同じくらい虫歯発生の引き金になりやすいです。黒酢の摂取を考えている方は、デンタルケアをしっかり行なうようにしましょう。

 

適量の酢の摂取は薬となります。しかし、極陰性ですから、ほどほどにとるようにしないと、体質も陰性になってしまいます。

 

酢は正しく摂取すれば身体に害を及ぼす食品ではありません。むしろ身体に良い食品です。特に夏場の暑い今の時期は、陰性食品ですから、キュウリの酢のものなどで体を冷やすのには最高の組み合わせです。正しい摂取方法としては、健康な人でも週2〜3回程度で、醸造酢を用いましょう。貧血の人は、あいにくですが当分禁止食品となります。

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら

関連ページ

糖尿性腎症の食事療法は制限が増えるって本当?
腎臓病におけるカリウムの摂取量について
腎臓病、透析の方の食事制限について
腎臓病におけるリン制限とは?
腎臓病とマグネシウムの関係について
腎臓病交換表の使い方
腎臓病の予防と水分の関係とは?
腎臓病と水分量の関係って?
腎臓病で塩分制限が必要なのはなぜなのでしょうか?
腎臓病の塩分制限の落とし穴ってなに?
腎臓病の塩分制限は工夫次第です。
腎臓病の方が宅配食にするメリット
腎臓病でたんぱく質制限する理由とは?
慢性腎臓病にオススメの8食品って?
腎臓病は食事の順番が大事って本当ですか?
腎臓病の方の朝食について
腎臓病の人が食べてはいけないもの
腎臓病の食事のレシピ本おススメは?
腎臓病食が出せるレストラン、宿について
腎臓病における外食の注意点とは?
腎臓病に良い飲み物、悪い飲み物
腎臓病とお酒の関係について
腎臓病の食事、果物とカリュウム制限
腎臓病治療のための献立例
腎臓病の方でも大丈夫なダイエット法って?
腎臓病に良い食事、血糖値の上昇を抑えるヌメリ食品とは?
腎臓病の水分制限の理由って?
腎臓病とアミノ酸の関係って?
腎臓病と牛乳の関係って?
腎臓病の方には、はちみつがオススメです。
腎臓病食のデザートについて
腎臓病とチョコレートの関係って?
腎臓病とスポーツドリンクの関係って?
腎臓病とコーヒーの関係について
腎臓病とビールの関係について
腎臓病と玄米の関係って?
腎臓病と雑穀米の関係について
腎臓病と栄養ドリンクの関係について
腎臓病とじゃがいもの関係について
腎臓病と緑茶の関係って?
腎臓病に効くサプリメントがありますか?
腎臓病を予防するサプリメントってありますか?
腎臓病と甘酒の関係について
腎臓病とバナナの関係って?
腎臓病とビタミンCの関係について
腎臓病と青汁の関係について