尿検査 腎臓病 子供 対応

尿検査で腎臓病が分かった子供さんへの対応はどうしたら良い?

子供の場合、腎臓の病気で最も多く診られるのは、血尿、たんぱく尿です。
血尿、たんぱく尿はこれといった原因がなく心配ない場合が多いのですが、中には糸球体腎炎、ネフローゼ症候群である場合があります。

 

その他に腎臓の病気でよくみられるものに尿路感染症である腎盂腎炎、膀胱炎などがあります。
特に赤ちゃんの頃の尿路感染症には腎臓や尿の流れる通り道に生まれつきの異常(水腎症、膀胱尿管逆流など)があることがあります。

 

スポンサーリンク

 

子供の慢性腎炎の特徴は?

学校の尿検査で発見される子共の慢性腎炎は、自覚症状の無い微少血尿や、あまり強くないタンパク尿が診られるだけの軽い場合が多いので、食事制限の必要はほとんどなく、あまり厳しい運動制限をすることはないでしょう。
しかし、非常に少なくはありますが、進行して腎不全に至るケースもありますので、子どもの慢性腎炎の治療に対しては病状に合った適切な生活管理が必要なのです。

 

子どもの慢性腎炎の病状は、細かい腎機能検査を行ってもそれほど簡単に判断できるものではありません。

 

しかしながら、腎生検を行って腎臓を詳しく診ることが出来れば、その病状をかなり正確に知ることができます。

 

腎生検とは、腎臓を細い針で刺して、一部組織を取ってくる検査をいいます。
腎臓には心臓から送り出される血液がたくさん流れ込んでいます。

 

そのため腎臓に針を刺す腎生検は出血のリスクがあるので、経験豊富な腎臓専門医により行われる検査方法です。
検査による合併症がおこる可能性もありますので、親御さんの同意が必要となる検査です。

 

スポンサーリンク

 

しかし、このような検査は子共にとってはかなりの負担になるもので、自然に治る可能性の高い軽い慢性腎炎の子共たちに対してまで腎生検を行う事には問題があります。
軽い慢性腎炎の子共に対しては、病状を時間をかけて観察し、負担のない簡単な検査を繰り返し行い、その経過を十分に観察しながら、現在の治療や生活管理が適切かどうかを検討することが望ましいでしょう。

 

検査で腎臓病が分かった子供さんへの対応は?

慢性腎炎のような慢性の病気に罹ってしまった子共の治療に関しては、常々問題となることですが、周りの家族が病気に対して心配しすぎて神経質になりすぎると、子共にそれが伝染し、引っ込み思案で消極的な性格の子共になりがちです。

 

そこで、出来るだけ普通に近い生活をするようにして、明るい、前向きな子共に育てる気配りが重要です。
重い慢性腎炎の子共たちの場合、健康な子共たちに比べ、困難な将来が待ち構えています。

 

そのような事から考えると、慢性の病気をもちながらも明るい生活を営んでいくことが出来るようなポジティブな強い意志と生活力を備えさせることが重要で、患者さんである子供の指導にあたっては暖かい配慮が必要不可欠です。

 

関連記事 子供の腎臓病の症状とは?

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら