腎臓病 検査キット

腎臓病の検査キットってどういうものなっでしょうか?

自宅にいながらにして手軽にできる慢性腎臓病のための尿検査キットがドラッグストアで販売されます。
慢性腎臓病を自宅にいながらにして手軽に検査できる尿検査キットがドラッグストアに登場しました。

 

スポンサーリンク

 

日本人の成人の8人に1人が慢性腎臓病という事実

日本人の成人の場合、8人に1人が発症していると言われる慢性腎臓病(CKD)。
慢性腎臓病から人工透析が必要な状態へと進行したという方は少なくありません。
慢性腎臓病が気を許す事が出来ない病気であることは皆さんご存知でしょう。

 

しかしながら、初めの段階の慢性腎臓病は自覚症状もほとんど診られず、見逃すことも多い病気です。
夜間頻尿や手足のむくみ、倦怠感、息切れといった症状が出現している場合、慢性腎臓病が思ている以上に悪化している可能性が高いです。

 

尿検査キットが早期発見につながる可能性に期待

症状がある程度進行した場合、自然に治癒することはまずありません。
決まった期間毎の尿検査を行うことによって早期発見へとつなげていくことが重要ではないでしょうか。
そしてこのたび、医薬品メーカーのテルモ株式会社が日本でオンリーワンの尿たんぱく専用尿検査薬「マイウリエースT」を全国の薬局やドラッグストアでも発売スタートすることになりました。
尿を試験紙に少量垂らすだけで、尿タンパクがたくさん出ているかどうか、が約10秒で判定できるようになっているほか、検査後はトイレの水に流せるため、取扱いにおいても、使用している人の手を患わすことはありません。
日本においては、国民病とも言われている慢性腎臓病予防のためにも、定期的に尿検査を出来ることは、腎臓病予防、早期発見の観点からも素晴らしいことです。

 

スポンサーリンク

 

尿検査をすることの意味は?

多くの腎臓病(CKD)は、自覚症状があまりないため、定期的な検査が必要不可欠です。
腎臓病の可能性が高いときに、よく見られる検査の異常が「タンパク尿」です。
腎臓では、糸球体というフィルター部分で血液を濾過していますが、糸球体に不具合が発生すると、タンパクが大量に漏れるようになります。
そのため、尿中に普段よりも多い量のタンパクが出てしまうのです。
健康な人でも、尿中にはある程度の量のタンパクが排泄されていますが、一定の量を超えて出ているときには、タンパク尿があると判断されます。
健康診断などでは、尿中のタンパクが30ミリグラム/dl以上で「陽性」、あるいは「+」と表示されます。
タンパク量が多くなるにしたがって「++」「+++」というように数が増えていきます。

 

自覚症状が無い場合でも検査は必要不可欠

病院の場合、タンパク尿が出ているときには、再検査を受けるように医師から指示が出されるはずなので、再検査をすることは必要不可です。
自宅での検査においても、特に症状がないからといって、油断するのは禁物です。
腎臓病の多くは症状がほとんどないことを忘れてはいけません。 
なお、市販の尿検査キットなどでタンパク尿を調べる場合、1カ月以内に3回以上陽性になったときには、病院で詳しい検査を受けることをお勧めします。
検査は、腎臓内科や泌尿器科などで受けることができます。

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

ランキングNo1をお試し下さい。
スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら