腎臓病 尿が出ない 治療法

腎臓病で尿が出なくなった時の治療法は?

いつも出るはずの尿が出ないという症状は、誰であっても不安に感じるでしょう。
腎臓や膀胱などに病気がある場合にはそのような症状が出ることがあるのです。
治療としては、尿が出ない原因が腎臓の前にあるか、腎臓自体にあるか腎臓の後に続く臓器にあるかで異なってきます。
それぞれのケースでの治療法について、具体的に説明していきます。

 

スポンサーリンク

 

尿が出ない時の原因は?

尿が出なくなる原因としては、大きく分けて3つあります。それは腎臓の前にある血管から腎臓への血流が極端に減っていること、腎臓自体に異変が起きていること、腎臓の後に続く尿管や膀胱などの臓器で閉塞が引き起こされていることの3つです。
それぞれの原因によって治療法が異なるため、病院で診察して貰うとまず原因を判定するために尿検査や採血、超音波などの検査が行われます。
それでは早速、実際にどのような治療法があるか見て行きます。

 

腎前性(腎臓の前に原因がある)の病気の治療法
腎前性の原因としては脱水、出血、重症の感染症などがあげられます。腎臓の前にある血管から腎臓に流れ込む血液量が減ってしまうことにより、尿の材料自体が不足する事になります。
また肝不全や心不全などの他の臓器の疾患でも、腎臓へ行く血流は減少してしまうので、尿が出づらくなります。
治療法としては身体の中の血液量を増やす、わかりやすく言うと点滴や輸血を行うという事です。

 

暑い夏場に汗を大量にかいたり、胃腸炎で嘔吐下痢を続けると脱水症になります。
尿が出づらくなる前に、水分補給をしっかりして脱水症を防ぐようにしましょう。
出血している状況に関しては、尿が出づらくなるほどの出血量であれば、動悸や立ちくらみ、めまいなどの貧血症状が出る事が多いので早急に病院へ行き、点滴や、必要であれば輸血を受ける処置を行うべきです。また出血がある場合は止血しないと、腎臓への血流を根本的に増加させることにはならないので、精密検査を行って出血源を見つけることが最優先です。

 

全身に細菌やウィルスが感染してしまうことで起こる敗血症の場合は、血圧が低下しショック状態に陥ることがあります。
血圧があまりに低いと、全身の血液の流れも悪くなり結果的に腎臓へも流れづらくなり、当然、尿も出なくなります。
敗血症の場合は、深刻な感染症なので点滴を行ないながら、抗生剤をなるべく早めに投与することが必要不可欠です。

 

肝不全や心不全の場合は、ただ単純に点滴だけすれば良いというのではなく、水分のバランスも考えなくてはいけません。
肝不全や心不全の場合は、それぞれの臓器の働きがほとんど機能しなくなっているので、いくら点滴をしても腎臓への血流が増えるという事はなく、そのようなケースでは、血管から水分が漏れてむくんでしまいます。
尿を出し易くやすくする薬を使用したり、なるべく点滴の効果を増加させる血液製剤などを組み合わせて使用して治療を行います。

 

腎性(腎臓そのものに原因がある)の病気の治療法
腎臓そのものに原因がある病気としては、腎炎や膠原病、長年にわたる高血圧や糖尿病が考えられます。
尿が出づらくなるほどの腎炎や膠原病の場合は症状が重いケースが多いので、発熱や関節痛、手足のむくみなど他にも自覚症状があるはずです。
腎炎や膠原病は、ステロイドや免疫抑制剤などの炎症や免疫の異常を抑制するための治療が行われます。

 

長年にわたる高血圧や糖尿病があると腎臓の機能が徐々に衰えてしまい、末期状態に至ると尿が出づらくなります。
残念ではありますが、腎臓自体を完全に治せる治療法はありませんので、末期腎不全の状態になってしまったら自分の腎臓の代わりをしてくれる腎代替療法と呼ばれる、血液透析、腹膜透析、腎移植などの治療を受ける以外にありません。
そんなことが起きないようにするために定期的に健診は受けるように心がけて、日ごろから塩辛いものや甘いものは摂りすぎないように、また肥満にも注意しましょう。

 

この他にも造影剤や解熱鎮痛剤、抗生剤の副作用で腎臓自体に障害が出る場合があります。
これは、全ての人に出るわけではないのですが、前もって気に留めておくと尿が出づらいという症状が出た際にすぐに気付けるでしょう。
また、市販の解熱鎮痛剤を頭痛や生理痛などでしょっちゅう内服すると、知らぬ間に腎臓を傷めている場合があります。
痛みが治まらない時は我慢しないで、病院に行くことをお勧めします。

 

腎後性(腎臓の後にある器官に原因がある)の病気の治療法
腎臓の後に続く臓器は、尿管、膀胱、尿道、男性では前立腺があります。これらは全て尿の通り道にあたるため、どこかが結石や腫瘍などで塞いでしまうと尿が出づらくなります。
尿が出づらいと感じるケースだと、すでに大量の尿が膀胱の中に溜まっている可能性もあるためお腹の張りを感じる場合が多いようです。
治療は閉塞を解除すればよいので、まずは尿道カテーテル(チューブ)を挿入して膀胱内の尿を全て出す処置をします。

 

もし膀胱より上部の尿管を塞いでいる場合は、尿の行き場がなくなって、腎臓が腫れているケースがあります。そんな場合は、背中からチューブを通して、尿を身体の外へ出す処置を行います。
その後に、再び悪化しないように原因となる結石や腫瘍を取り除くための処置や手術を行います。

 

スポンサーリンク

 

尿が出ない時は何科を受診すればいいのでしょうか?

健康な人の一日の正常な尿量の範囲は500-2000mlで、400ml以下ならば尿の出が悪いと医学的にも定義しています。
1回の尿量は、200-400ml(コップ1〜2杯程度)と言われており、1日のトイレに行く回数は平均で4〜8回くらいです。
もし自分で尿が出づらいなと思ったら、トイレの回数が一番目安になります。もっと正確に測定したい場合は、100円ショップなどで計量できるカップが売っていますので活用するのもありでしょう。

 

病院で受診する科は、内科か腎臓内科か泌尿器科です。
腎臓の前と腎臓自体に原因がある場合は内科か腎臓内科が相応しく、腎臓の後に続く臓器に原因がある場合は泌尿器科が相応しいです。自分での判断は簡単ではありませが、お互いの科で紹介状を出してくれますので心配することなく近くにある科を受診して大丈夫です。

 

尿が出づらい時の治療法は、腎前性か腎性か腎後性かで違うことが確認できましたでしょうか?
また病院に行くタイミングは、トイレの回数を目安にすれば良いようです。尿が出づらいという症状は、腎臓のみならず身体に負担がかかっている根拠になりますので気が付いたら早めに病院に行く事をお勧めします。

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら

 

関連ページ

慢性腎臓病と慢性腎不全の違いについて
腎臓病の種類とその症状について
腎臓結石の原因と症状、予防について
急性腎炎と慢性腎炎はその原因と治療が全く異なります
急性腎不全と慢性腎不全との違いとは?
ネフローゼ症候群の原因と治療について
iga腎症と扁桃の関係について
糖尿病と腎臓病の違いって何?
腎臓病を予防するにはどうしたら良いの?
腎臓病で尿に糖が出た場合は大丈夫なの?
腎臓病と血圧は密接に関係って?
糖尿性腎症の場合、腎機能の回復は期待できます。
子供の腎臓病の症状とは?
腎臓病の症状で背中が痛い時、腎臓に原因がある腰痛を確かめる方法とは?
痛みで探る腎臓病の症状と原因
腎臓病の血尿って貧血になることもあるの?
腎臓病になると下痢になりやすくなるの?その理由は?
腎臓病になると鼻血が出やすくなるって本当?その理由は?
腎臓病と蕁麻疹の関係について
尿が泡立つのは腎臓病?
腎臓病と皮膚の症状について
腎臓病で尿が出なくなることがありますか?原因は?
身体がだるいのは、腎臓病の症状かも
腎臓病の症状とかゆみの関係について
腎臓病の症状で微熱が出る場合があるのでしょうか?
顔色が悪いのは腎臓病の症状?
腎臓病で足がつることってあるのでしょうか?
腎臓病治療のための薬とは?
腎臓病なら足の痛みは要注意です!!
腎臓病と冷えは関係あるの?冷え対策は身体を守る重要な条件です!
腎臓病の薬の副作用について
腎臓病のむくみを改善する方法
造影剤腎症って何ですか?
腎臓病なら市販薬の服用は慎重に!
腎臓病の原因、ストレスは関係あるの?
腎臓病でも腹水がたまることがあるの?
腎臓病なのに痩せることがあるの?
腎臓病の吐き気の原因と症状
腎臓病だと太る事もあります。原因はネフローゼ症候群かも知れません
腎臓病とむくみって関係あるの?
腎臓病と皮膚炎の関係について
腎臓病は遺伝しますか?
腎臓病で「透析ですね」と言われた場合の心構え
腎臓病の透析を始めた人の寿命について
腎臓病と透析について
20代で腎臓病を発症、気をつけることは?
腎臓病と体臭って関係あるのでしょうか。
妊娠中の腎臓病の注意点とは?
腎臓病と汗はどういう関係があるのでしょうか?
腎臓病でも入れる保険がありますか?
腎臓病と運動の関係について
腎臓病と喫煙の関係とは?