腎臓病 アミノ酸

腎臓とアミノ酸の関係を探る

腎臓病と言われると、長く患ってしまう病気、一筋縄ではいかない病気とのイメージが強いでしょう。
腎臓病の食事制限についても辛そうなイメージがあるのが一般的です。
その中でもタンパク質制限は慢性腎臓病においては必須です。
そのタンパク質を構成している構成ユニットがアミノ酸なのです。

 

スポンサーリンク

 

それでは先ず、先ず、腎臓はどんな働きをしているのかを見ていきましょう。
腎臓とは、血液中の不要な老廃物を尿として排出する、摂りすぎた水分を尿として排出する、身体の電解質のバランスを一定に保つ、血圧を調整する、ホルモンを分泌する、ビタミンDの効果を高める役割があります。

 

では、アミノ酸とは、一体なんなのでしょうか?
アミノ酸は、人の血管や内臓、皮膚、筋肉などの素材となるたんぱく質の構成ユニットです、簡単に言えば、身体の構成要素と言う事です。
アミノ酸があるから、食べ物の消化吸収する器官がある、呼吸が出来る、身体が作られているということなのです。

 

言うなれば、アミノ酸は生命の源なのです。
人間の体の約20%がタンパク質で構成されていると言われ、そのタンパク質の構成要素がアミノ酸なのです。
人の体を構成するのに、タンパク質が必要で、それがアミノ酸でできている事は理解して頂けましたでしょうか。

 

では、腎臓とアミノ酸はどのような関係なのでしょう。
タンパク質は、エネルギーとしてだけではなく、身体の構成要素としても必要不可欠な栄養源です。
スポンサーリンク

しかし、タンパク質はエネルギーとして使われてしまうと、他のエネルギー源である糖質や脂質と異なり、「尿素」という物質をだします。
言ってみれば燃えカスです。

 

その尿素を出すのが腎臓で、腎臓が不要物として尿に変換して身体の外へ排出するのです。

 

では、糖質や脂質は、使われた後はどうなるのでしょうか?
これらは、代謝されると、息や汗となって代謝物は身体から送り出されます。
よって、腎臓や臓器への負担は少ないのです。 ・・・だからタンパク質だけは、摂りすぎると、腎臓の活動量が増え、腎臓に負担がかかるのです。

 

たんぱく質をたくさん摂るということは、アミノ酸をたくさん摂るということ。
ということは、腎臓に負担がかかるということになりますね。 腎臓を患う方には、低たんぱく食の指導が入ります。

 

タンパク質が少ないということは、筋肉や血となる栄養源が少ないということでもあります。
栄養源が少ないと、人の体は筋肉などのたんぱく質を自分で分解してエネルギーに変えてします性質があります。

 

ですから、カロリーを減らすことなくたんぱく質を減らす必要があるのです。
そのためには、糖質や脂質で、摂取量を減らしたタンパク質分を補う必要があります。

 

腎臓とアミノ酸の関係についてお分かり頂けましたか?
時として身体に必要なアミノ酸が、腎臓病の人にとっては厄介な物になることもあるということですね。

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら

なぜ腎臓病に黒酢が良いのか?

これだけは知っておいて欲しいアミノ酸の基礎知識って?
腎臓病とアミノ酸
タンパク質はアミノ酸がたくさんつながったものであり、その種類は約10万種類存在します。
ヒトの身体の約20%はタンパク質、すなわちアミノ酸でできています。アミノ酸は全ての生物が生きていく上で無くてはならないものです。

 

黒酢や香醋に豊富に含まれているアミノ酸ですが、身体に良い働きってどういったものなんでしょうか?

 

腎臓病が進行すると、慢性腎不全という状態になります。

 

慢性腎不全とは、腎臓の機能が正常な時の15%以下に落ちこんでいる状態です。

 

腎臓というのはご存知のように、私たちの身体の中を流れる大事な血液を、濾過して、きれいに再生してくれる重要な機能を担っています。
つまり、腎臓は、不必要になった老廃物を尿として排泄します。

 

タンパク質の特徴は、窒素という厄介物を含んでいることで、この窒素は肝臓の働きで尿素に変えられます。

 

この尿素を排泄するのも腎臓の役目です。

 

この血液濾過、再利用の働きが衰えてくると、血液中のアミノ酸は、制限なく尿の中に流れ込んで排泄されてしまいます。
このような状況は、私たちの身体にとって非常に危険であると言えます。

 

わかりやすく説明すると、腎臓が痛んで弱ってくると、私たちの身体を作っている大事なタンパク質を再生する力が無くなる事を意味します。

 

腎臓がこのような状態になってしまうと、タンパク質を吸収する力が衰えていますから、タンパク質を抑制する食事療法が必要になってきます。

 

確かにタンパク質を少なくすれば腎臓病の症状はよくなります。

 

しかし、生きている限り、身体を作るタンパク質は必要不可欠なものです。

 

またネフローゼや、腎不全になった場合でもタンパク質(必須アミノ酸を含むアミノ酸)を補給する事は必要です。

 

そこで、腎機能が衰えた場合は身体が吸収し易い良質のタンパク質の摂取が必要なのです。

 

さて健康や美容、アンチエイジングに重要な効果のあるアミノ酸ですが、このアミノ酸を摂るのに最適な食材が上記の通り黒酢です。

 

黒酢にはアミノ酸、クエン酸などの有機酸、そしてミネラルなどが豊富に含まれているからです。
ただこうした健康に良い黒酢を毎日、必要な量だけ摂取するのは、現実問題として難しいです。

 

酸っぱいので、好き嫌いもあるかも知れません。
そうした場合に助かるのが黒酢サプリメントや香醋サプリメントです。

いつでもどこでも気軽に摂れることがメリットです。

関連ページ

糖尿性腎症の食事療法は制限が増えるって本当?
腎臓病におけるカリウムの摂取量について
腎臓病、透析の方の食事制限について
腎臓病におけるリン制限とは?
腎臓病とマグネシウムの関係について
腎臓病交換表の使い方
腎臓病の予防と水分の関係とは?
腎臓病と水分量の関係って?
腎臓病で塩分制限が必要なのはなぜなのでしょうか?
腎臓病の塩分制限の落とし穴ってなに?
腎臓病の塩分制限は工夫次第です。
腎臓病の方が宅配食にするメリット
腎臓病でたんぱく質制限する理由とは?
慢性腎臓病にオススメの8食品って?
腎臓病は食事の順番が大事って本当ですか?
腎臓病の方の朝食について
腎臓病の人が食べてはいけないもの
腎臓病の食事のレシピ本おススメは?
腎臓病食が出せるレストラン、宿について
腎臓病における外食の注意点とは?
腎臓病に良い飲み物、悪い飲み物
腎臓病とお酒の関係について
腎臓病の食事、果物とカリュウム制限
腎臓病治療のための献立例
腎臓病の方でも大丈夫なダイエット法って?
腎臓病に良い食事、血糖値の上昇を抑えるヌメリ食品とは?
腎臓病の水分制限の理由って?
腎臓病と牛乳の関係って?
腎臓病の方には、はちみつがオススメです。
腎臓病食のデザートについて
腎臓病とチョコレートの関係って?
腎臓病とスポーツドリンクの関係って?
腎臓病とコーヒーの関係について
腎臓病とビールの関係について
腎臓病と玄米の関係って?
腎臓病と雑穀米の関係について
腎臓病と栄養ドリンクの関係について
腎臓病とじゃがいもの関係について
腎臓病と緑茶の関係って?
腎臓病に効くサプリメントがありますか?
腎臓病を予防するサプリメントってありますか?
腎臓病と酢の関係について
腎臓病と甘酒の関係について
腎臓病とバナナの関係って?
腎臓病とビタミンCの関係について
腎臓病と青汁の関係について