クレアチニンクリアランス

クレアチニンクリアランスってどういう検査ですか?

 

クレアチニンクリアランス( Creatinine clearance、CCrと略される)は、血清中のクレアチニンのクリアランス(腎臓が体内の老廃物を排泄する能力)を計算し、腎機能の状態をを推測する検査の事です。

 

スポンサーリンク

 

クレアチニンとは?

クレアチニンは生体物質(生物の体内に存在する化学物質の総称)で、主に筋肉で生成され、腎糸球体で濾過されたあと、ほとんど再吸収される事なく、尿として排泄されるものです。
簡単に言うと、クレアチニンは、体内でエネルギーとして消費されたたんぱくの残りかす(老廃物)になります。

 

クレアチニン・クリアランス(Ccr)は、血清中と尿中のクレアチニンの量を測定して比較対照し、腎臓の糸球体が老廃物などを取り除く力がどの程度あるかを検証することにより、腎機能を判定する検査になります。

 

血清尿素窒素やクレアチニンも、腎機能のスクリーニング検査として役立ちますが、これらの値が高値を示すようになるには、腎機能が正常の50〜70%以下になってからで、軽い腎機能障害を発見することは今のところ出来ません。

 

そこで、腎臓の糸球体機能を正確に知るためにこの検査が行なわれます。

 

クレアチニン・クリアランスはどういったやり方で測定するのでしょうか?

クレアチニン・クリアランスの測定法には、1〜2時間の短時間法24時間法の2種類があります。
どちらの方法も、血清中のクレアチニン値を安定させるために、検査の2日ほど前から食事で摂るタンパク質の量を1日40〜50gと決め実行します。

 

スポンサーリンク

 

短時間法
短時間法では、先ず尿を採取します。
この短時間法では、尿を完全に出し切ることが、正確な検査結果を得るためには重要な要素になります。その30分後にもう一度、採尿して終了となります。

 

24時間法
24時間法では、その日の一番最初に排尿した分は全て廃棄し、それ以降の尿を専用の容器に蓄えておきます。
尿量が検査結果の鍵を握るため、排便時の尿もきちんと採っておきます。24時間が経った翌朝までの尿をよく混ぜてから、クレアチニン量を測定します。
あわせて、最後の採尿が終わった朝の空腹時に採血を行ない、血清クレアチニン値も測定します。

 

基準値
殆どの場合、女性より男性のほうがやや高めになります
男性…90〜120ml/分
女性…80〜110ml/分

 

検査結果の判定低値のときは、心不全や、糸球体腎炎、腎硬化症、糖尿病性腎炎、膠原病や尿管閉塞などによる腎障害が考えられます。

 

異常値の程度としては、50〜70ml/分で軽度30〜50ml/分で中等度30ml/分以下で高度の障害が考えられます。30ml/分以下になると、心臓麻痺、腸閉塞、昏睡などを引き起こす尿毒症が疑われ、大変危険な状態です。

 

異常な場合に疑われる病気
高値…糖尿病、末端肥大症など
低値…腎硬化症、糖尿病性腎症、糸球体腎炎、膠原病などによる腎障害、心不全など

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら