腎臓病 塩分制限 

腎臓病の塩分制限を工夫しておいしく減塩しましょう

スポンサーリンク

 

調味料の塩分、1日4gで腎機能を維持しましょう。

 

調味料は計量スプーンやスケールできちんと量る
慢性腎臓病の方は、塩、味噌、醤油などの調味料から摂取する塩分にも気をつけましょう。

 

調味料から摂取する塩分は、1日4gまでを目標にしましょう。

 

目分量ではなく、面倒でも計量スプーンや計量器できちんと量る習慣をつけましょう。

 

汁物などの塩分量を測れる塩分計も市販されています。

 

1週間、自分の食事のメニューの塩分量を量って、

 

自分がどれくらい塩分を摂っているか把握することが大事です。

 

調味料の摂り過ぎを防ぐには、料理に直接かけないで、小皿に出してちょっとだけつける。

 

食卓に醤油や食塩を置かない、などの工夫が効果的です。

 

また、最近はスプレータイプの醤油差しやワンプッシュ式の物がありますので、オススメです。

 

市販されている、減塩タイプの食塩、醤油、味噌、ソースなども良いでしょう。

 

しかしながら、カリュウム制限をしている方は、塩化カリウムを使用している製品もありますので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

市販のだしの素より、自家製だしで!!

 

だしの旨味成分を活かして塩分控えめでも濃厚な味付けができます

 

減塩すると、物足りない味付けになりがちですが、

 

自分でしっかりだしをとれば濃厚な味が出せます。

 

昆布やしいたけなどのだし用食品には、グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸などの旨味成分を言われているアミノ酸が含まれています。

 

この旨味成分には、味に深みを持たせてくれる効果があります。

 

しかしながら、市販の顆粒だしには、塩分が使われているため使わないほうが賢明です。

 

自家製の100gのかつお節、昆布だしの塩分量が1gなのに対し、市販のだしの素では1食分で2〜3gも含まれています。

 

面倒でも自家製だしを作ることで減塩もできて濃厚な料理が頂けるのですから良いんじゃないでしょうか。

 

だしの作り方は、簡単です。

 

だしに使う乾物をたっぷりのお湯で煮出すだけです。

 

冷蔵庫だと3日ていどは持ちますのでそんなに手間にはなりません。

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら

 

関連ページ

糖尿性腎症の食事療法は制限が増えるって本当?
腎臓病におけるカリウムの摂取量について
腎臓病、透析の方の食事制限について
腎臓病におけるリン制限とは?
腎臓病とマグネシウムの関係について
腎臓病交換表の使い方
腎臓病の予防と水分の関係とは?
腎臓病と水分量の関係って?
腎臓病で塩分制限が必要なのはなぜなのでしょうか?
腎臓病の塩分制限の落とし穴ってなに?
腎臓病の方が宅配食にするメリット
腎臓病でたんぱく質制限する理由とは?
慢性腎臓病にオススメの8食品って?
腎臓病は食事の順番が大事って本当ですか?
腎臓病の方の朝食について
腎臓病の人が食べてはいけないもの
腎臓病の食事のレシピ本おススメは?
腎臓病食が出せるレストラン、宿について
腎臓病における外食の注意点とは?
腎臓病に良い飲み物、悪い飲み物
腎臓病とお酒の関係について
腎臓病の食事、果物とカリュウム制限
腎臓病治療のための献立例
腎臓病の方でも大丈夫なダイエット法って?
腎臓病に良い食事、血糖値の上昇を抑えるヌメリ食品とは?
腎臓病の水分制限の理由って?
腎臓病とアミノ酸の関係って?
腎臓病と牛乳の関係って?
腎臓病の方には、はちみつがオススメです。
腎臓病食のデザートについて
腎臓病とチョコレートの関係って?
腎臓病とスポーツドリンクの関係って?
腎臓病とコーヒーの関係について
腎臓病とビールの関係について
腎臓病と玄米の関係って?
腎臓病と雑穀米の関係について
腎臓病と栄養ドリンクの関係について
腎臓病とじゃがいもの関係について
腎臓病と緑茶の関係って?
腎臓病に効くサプリメントがありますか?
腎臓病を予防するサプリメントってありますか?
腎臓病と酢の関係について
腎臓病と甘酒の関係について
腎臓病とバナナの関係って?
腎臓病とビタミンCの関係について
腎臓病と青汁の関係について