腎臓病 透析

腎臓病と透析について

腎不全の末期症状において、低下した腎機能の代わりの役割を果たすのが、透析療法です。

 

腎臓は、背中側の腰の高さに左右1個ずつある臓器で、にぎりこぶしくらいの大きさです。

 

血液中の老廃物をろ過して尿をつくる、身体の「排水処理場」の役目と、必要な成分は血液中に戻す「浄水場」の役割も果たします。

 

通常、腎臓には、心臓が1回の拍動で送り出す血液の4分の1が送りこまれ、約150〜180リットルもの尿のもと(原尿)がつくられ、濾過されます。

 

それを繰り返して、最終的に約1.5リットルまで濃縮して、尿として排出されます。

 

スポンサーリンク

 

腎臓の主な働きは、
1、 尿をつくりだす

 

2、血圧を調整する(血圧を上げる物質と下げる物質の両方をつくりだす)

 

3、赤血球をつくる

 

4、カルシウムの吸収を増加させる

 

5、ビタミンD3を活性化する など腎不全とは さまざまな原因により、腎臓の働きが不十分になった状態を腎不全といいます。

 

腎不全とは
腎不全には、急激に腎機能が低下する急性腎不全と、長い期間で徐々に機能が低下する慢性腎不全の2種類があります。

 

急性腎不全は、早急に適切な治療を行うことで大部分の機能回復が見込めます。

 

しかし、慢性腎不全は腎機能がある程度まで低下しないと自覚症状が現れず、早期発見が非常に困難な病気です。

 

そして、、一度失った腎機能の回復はかなり困難です。

 

腎臓の働きが低下すると、本来尿として排泄されるべき老廃物が身体に溜まっていきます。

 

症状は、進行速度や症状の重さ、原因によってまちまちですが、尿の異常、部分的なむくみや高血圧になることもあります。

 

慢性腎不全の末期の状態になると、「尿毒症」となり、症状が重い場合、全身けいれんなどの症状が現れます。

 

末期の腎不全の治療法は、腎移殖か透析療法に限られてきます。

 

透析療法とは 腎臓の働きが10%以下になると、血液の濾過が十分に行えず、水分や老廃物の調整ができなくなってしまいます。

 

そのような時に、人工的に血液の浄化を行うのが、透析療法です。

 

透析療法には人工的に行うオンラインHDF療法血液透析療法、自分のお腹の腹膜を使って行う腹膜透析療法の3種類があります。

 

オンラインHDF(血液濾過透析)とは
HDFとは通常透析+血液濾過を合わせた治療法で、腎臓の役目をする透析膜も高性能膜を使用することが可能であり、より多くの老廃物の除去が可能な治療法です。

 

このHDFはオフライン方式とオンライン方式に分かれ、それぞれオフラインHDF、オンラインHDFと呼ばれています。

 

その違いは、主に老廃物をろ過するための補充液の量に違いがあります。

 

補充液の量はオフラインHDFでは、8L〜10Lの補充液を点滴で透析回路内へ注入しますが、オンラインHDFでは 24L〜48L又はそれ以上の補充液を透析室内の機械室で無菌状態の超純粋の補充液を精製し、治療装置に直接接続し血液中に補充します。

 

そのため、きれいな透析液や補充液を精製することが絶対条件であり、厳しい水質管理を実施し毎月必ず細菌等が混入していないかの確認検査を行います。

 

この治療方法では、従来の透析に比べより良い効果をあげています。
スポンサーリンク

HDFの利点
食欲の増進
身体の内部環境が改善去れる事により、食欲が出てきます。

 

日常生活での血圧の安定
降圧剤の量を減らす事ができる方もいます。

 

治療中の血圧の安定
補充液を6L/時間〜12L/時間補充しながらの治療の為、血圧の低下が起こりにくくなります。

 

貧血の改善
増血剤を減らす事が出来る方もいます。

 

通常透析では取りきれない老廃物の除去
β2マイクログロブリン等の透析アミロイドーシスの原因になる物質の除去やその他の小さい分子のタンパクの除去により合併症にかかりにくくなります。

 

心臓への負担の軽減
補充液を注入しながらの治療なので、循環血液量の減少を防ぎ、血圧の低い方に効果的だと言われています。

 

排尿機能の延長 など以上のような利点があります。

 

血液透析とは
血液透析器(ダイアライザー)を通して、血液を体内から取り出し、血液中の老廃物や余分な水分を取り除き、浄化された血液を体内に戻す方法です。

 

血液を体外に取り出すために、腕の静脈と動脈をつなぎ合わせる手術が必要です。

 

腹膜透析とは
お腹の中に透析液を入れ、体内で血液を浄化する方法です。

 

透析液を出し入れするためにカテーテルと呼ばれるチューブを腹部に埋め込む手術が必要です。

 

尿がほとんど出ない無尿の腎不全の場合でも、人工透析療法で30年以上も元気に仕事をつづけている方々もいらっしゃいます。
人工透析になっても、医師の指示に従い、食事などの自己管理に気をつけながら、社会生活を送れるのです。

 

HDFの利点
食欲の増進
身体の内部環境が改善去れる事により、食欲が出てきます。

 

日常生活での血圧の安定
降圧剤の量を減らす事ができる方もいます。

 

治療中の血圧の安定
補充液を6L/時間〜12L/時間補充しながらの治療の為、血圧の低下が起こりにくくなります。

 

貧血の改善
増血剤を減らす事が出来る方もいます。

 

通常透析では取りきれない老廃物の除去
β2マイクログロブリン等の透析アミロイドーシスの原因になる物質の除去やその他の小さい分子のタンパクの除去により合併症にかかりにくくなります。

 

心臓への負担の軽減
補充液を注入しながらの治療なので、循環血液量の減少を防ぎ、血圧の低い方に効果的だと言われています。

 

排尿機能の延長 など以上のような利点があります。

 

血液透析とは
血液透析器(ダイアライザー)を通して、血液を体内から取り出し、血液中の老廃物や余分な水分を取り除き、浄化された血液を体内に戻す方法です。

 

血液を体外に取り出すために、腕の静脈と動脈をつなぎ合わせる手術が必要です。

 

腹膜透析とは
お腹の中に透析液を入れ、体内で血液を浄化する方法です。

 

透析液を出し入れするためにカテーテルと呼ばれるチューブを腹部に埋め込む手術が必要です。

 

尿がほとんど出ない無尿の腎不全の場合でも、人工透析療法で30年以上も元気に仕事をつづけている方々もいらっしゃいます。
人工透析になっても、医師の指示に従い、食事などの自己管理に気をつけながら、社会生活を送れるのです。

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら

 

関連ページ

慢性腎臓病と慢性腎不全の違いについて
腎臓病の種類とその症状について
腎臓結石の原因と症状、予防について
急性腎炎と慢性腎炎はその原因と治療が全く異なります
急性腎不全と慢性腎不全との違いとは?
ネフローゼ症候群の原因と治療について
iga腎症と扁桃の関係について
糖尿病と腎臓病の違いって何?
腎臓病を予防するにはどうしたら良いの?
腎臓病で尿に糖が出た場合は大丈夫なの?
腎臓病と血圧は密接に関係って?
糖尿性腎症の場合、腎機能の回復は期待できます。
子供の腎臓病の症状とは?
腎臓病の症状で背中が痛い時、腎臓に原因がある腰痛を確かめる方法とは?
痛みで探る腎臓病の症状と原因
腎臓病の血尿って貧血になることもあるの?
腎臓病になると下痢になりやすくなるの?その理由は?
腎臓病になると鼻血が出やすくなるって本当?その理由は?
腎臓病と蕁麻疹の関係について
尿が泡立つのは腎臓病?
腎臓病と皮膚の症状について
腎臓病で尿が出なくなることがありますか?原因は?
身体がだるいのは、腎臓病の症状かも
腎臓病で尿が出なくなった時の治療法って?
腎臓病の症状とかゆみの関係について
腎臓病の症状で微熱が出る場合があるのでしょうか?
顔色が悪いのは腎臓病の症状?
腎臓病で足がつることってあるのでしょうか?
腎臓病治療のための薬とは?
腎臓病なら足の痛みは要注意です!!
腎臓病と冷えは関係あるの?冷え対策は身体を守る重要な条件です!
腎臓病の薬の副作用について
腎臓病のむくみを改善する方法
造影剤腎症って何ですか?
腎臓病なら市販薬の服用は慎重に!
腎臓病の原因、ストレスは関係あるの?
腎臓病でも腹水がたまることがあるの?
腎臓病なのに痩せることがあるの?
腎臓病の吐き気の原因と症状
腎臓病だと太る事もあります。原因はネフローゼ症候群かも知れません
腎臓病とむくみって関係あるの?
腎臓病と皮膚炎の関係について
腎臓病は遺伝しますか?
腎臓病で「透析ですね」と言われた場合の心構え
腎臓病の透析を始めた人の寿命について
20代で腎臓病を発症、気をつけることは?
腎臓病と体臭って関係あるのでしょうか。
妊娠中の腎臓病の注意点とは?
腎臓病と汗はどういう関係があるのでしょうか?
腎臓病でも入れる保険がありますか?
腎臓病と運動の関係について
腎臓病と喫煙の関係とは?