腎臓病 冷え対策

腎臓病と冷えは関係あるの?冷え対策は身体を守る重要な条件です

 

膀胱と冷えの関係

夏場の暑い時期はそれほどでもありませんが、

 

冬場の身体が冷えたときや寒い日など誰しもが、トイレが近くなりますよね。
時に女性に多い冷え性の方の場合だと、そんな尿意のある状況が長く続いてしまうため慢性的な膀胱炎になりやすくなります。

 

女性に多い膀胱炎 ですが、膀胱炎を繰り返していると腎臓病になるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

現実的には、膀胱と腎臓は、尿管によって結びついていても各々離れているので、膀胱炎を起こしたからといって、必ずしも腎臓病になる訳ではありません。
もとより膀胱炎と言うのは、尿をためる臓器である膀胱の中で細菌が繁殖して、粘膜が炎症を引き起こす病気の事です。

 

それでは、冷えによってなぜ膀胱炎が起こるのでしょうか?

 

まず、寒い時期など身体が冷えると、汗をかきにくくなるため、体内の余分な水分を出す方法が、排尿しかなくなりますので、尿意が近くなりがちです。

 

なんですけれども、特に女性に多いのですが、人の目を気にしたり、暇がないなどの理由でトイレを我慢してしまうため、膀胱内の新陳代謝がスムーズに行われません。
この時の膀胱内は古い尿により細菌の繁殖しやすい環境になっています。

 

それで、外部からの細菌の侵入により、炎症が起こってしまうのです。

 

冷えによる影響はそれだけではありません。
体温が下がると免疫力が落ちることが分かっています。

 

その事も細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまう要因になります。
また、女性の方が男性よりも膀胱炎になりやすいことはご存知かと思います。

 

その理由は、女性の場合、尿道の長さが男性に比べ短く、尿の出口と肛門が近いため、細菌が入りやすいことが一番の原因です。

 

それ以外にも、発熱する機能を持つ筋肉の量が女性の方が男性に比べて少ないことと、ホルモンバランスの変化が女性の方が大きいため自律神経が乱れやすく、冷え性になりやすいと言われています。

 

スポンサーリンク

 

腎臓と冷えの関係

冷えは内臓全般にあまり良い影響を与えるものではありません。
なぜならば、全ての内臓は血管を通じて代謝を行うため、体温が下がると血管が収縮して活発な代謝が行われなくなるためです。

 

特に腎臓は、様々な臓器の中でも、とりわけ冷えに弱い臓器だと言われています。

 

それは、腎臓の機能の一番大事な尿を濾す機能を担っているのが糸球体と呼ばれる小さな毛細血管の集合体だからです。

 

腎臓を冷やすことによって起こる最も多い症状が、排尿障害です。
排尿障害の中でも、冷えによって一番起こりやすいのが「頻尿」です。

 

頻尿と聞くと、頻繁に尿を排出するイメージで、腎臓や膀胱の活動が活発なように思われますが、実は腎臓の機能が弱ることで引き起こされます。

 

先ず尿を生成する腎臓の機能から考えてみましょう。

 

血液中から排出された不要な物質を含んだ水分を「原尿」と言います。
腎臓の機能は、原尿をそのまま体外に排出するのではなく、その原尿の中から、身体に必要な成分を再吸収し、そこで吸収されずに残ったものだけを、尿として排出する仕組みになっています。

 

冷えにより、腎臓の機能低下が始まると、腎臓は毒素が溜まるのを防ごうとして尿を大量に作る期間があります。

 

そこで、何度もトイレに通う頻尿の症状が出る訳です。

 

この頻尿は、さらに腎機能低下が進んで尿を作れなくなってしまうまでの一過性のものです。
この時点で腎不全と特定できて対策を施すことが出来れば、生活の質への影響は最小限度で済みますので、このサインを見逃さないよう注意する事が大切です。

 

スポンサーリンク

 

身体に良い冷え対策の3つのポイントとは?

腎機能低下や膀胱炎を防ぐためには、冷え性対策を万全にする事が重要です。

 

冷え対策その1 熱を外に逃がさない

 

重ね着をしたり、ゆるめの暖かな靴下を履くなどの、冷え性への対策は絶対に効果があります。

 

それから、腎臓を温めることも大切ですから、腹巻も結構効果があります。

 

最近は市販のカイロも色々なタイプのものがありますので、活用されるのも良いでしょう。

 

冷え性対策その2 身体の中から温める

 

冷たい飲み物や食べ物を控えて、内側から身体を冷やさないように気を付ける事が大事です。

 

また、進んで身体を温めるものを摂るようにして下さい。

 

温かい料理や飲み物を摂るのも良いですが、芯から温める効果のある食材選びも大事です。

 

例えば、ねぎや生姜、唐辛子などは身体を温めますから、毎日の食事に取り入れると良いでしょう。

 

身体を温めるお茶選びの基本は発酵しているものです。

 

紅茶やウーロン茶、プーアール茶などが上げられます。

 

番茶は中性で冷やす作用はないですが、緑茶は最終的に身体を冷やすので、冷え症の方は控えた方が良いでしょう。

 

生姜紅茶は、Wで効果があります。

 

冷え性対策その3 筋肉を動かして身体を温める

 

筋肉筋を動かして温めるのが最も効果的な方法です。

 

筋肉が温まることで血流が良くなりますし、そのことで代謝が上がります。

 

また、運動をすることが習慣化すれば筋肉量が加齢により減少するのを少なからず防ぐこともできますし、筋肉量を増やすことも可能です。

 

年齢に応じてウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動とスクワットなどの筋肉トレーニングが出来れば理想的ですが、無理のないようにして継続することが最も大事なことです。

 

腎機能を守るサプリメントならこちらがオススメです。

クレアギニンEX / 健幸生活研究社

 

スポンサーリンク

 

腎臓病についてもっと詳しくお知りになりたい方はこちら

 

 

 

 

関連ページ

慢性腎臓病と慢性腎不全の違いについて
腎臓病の種類とその症状について
腎臓結石の原因と症状、予防について
急性腎炎と慢性腎炎はその原因と治療が全く異なります
急性腎不全と慢性腎不全との違いとは?
ネフローゼ症候群の原因と治療について
iga腎症と扁桃の関係について
糖尿病と腎臓病の違いって何?
腎臓病を予防するにはどうしたら良いの?
腎臓病で尿に糖が出た場合は大丈夫なの?
腎臓病と血圧は密接に関係って?
糖尿性腎症の場合、腎機能の回復は期待できます。
子供の腎臓病の症状とは?
腎臓病の症状で背中が痛い時、腎臓に原因がある腰痛を確かめる方法とは?
痛みで探る腎臓病の症状と原因
腎臓病の血尿って貧血になることもあるの?
腎臓病になると下痢になりやすくなるの?その理由は?
腎臓病になると鼻血が出やすくなるって本当?その理由は?
腎臓病と蕁麻疹の関係について
尿が泡立つのは腎臓病?
腎臓病と皮膚の症状について
腎臓病で尿が出なくなることがありますか?原因は?
身体がだるいのは、腎臓病の症状かも
腎臓病で尿が出なくなった時の治療法って?
腎臓病の症状とかゆみの関係について
腎臓病の症状で微熱が出る場合があるのでしょうか?
顔色が悪いのは腎臓病の症状?
腎臓病で足がつることってあるのでしょうか?
腎臓病治療のための薬とは?
腎臓病なら足の痛みは要注意です!!
腎臓病の薬の副作用について
腎臓病のむくみを改善する方法
造影剤腎症って何ですか?
腎臓病なら市販薬の服用は慎重に!
腎臓病の原因、ストレスは関係あるの?
腎臓病でも腹水がたまることがあるの?
腎臓病なのに痩せることがあるの?
腎臓病の吐き気の原因と症状
腎臓病だと太る事もあります。原因はネフローゼ症候群かも知れません
腎臓病とむくみって関係あるの?
腎臓病と皮膚炎の関係について
腎臓病は遺伝しますか?
腎臓病で「透析ですね」と言われた場合の心構え
腎臓病の透析を始めた人の寿命について
腎臓病と透析について
20代で腎臓病を発症、気をつけることは?
腎臓病と体臭って関係あるのでしょうか。
妊娠中の腎臓病の注意点とは?
腎臓病と汗はどういう関係があるのでしょうか?
腎臓病でも入れる保険がありますか?
腎臓病と運動の関係について
腎臓病と喫煙の関係とは?